ドーピング検査

トピックス

掲載日:2016/01/08

新規分析項目の分析受託開始のお知らせ

 株式会社LSIメディエンス アンチドーピングラボラトリーでは、12月1日付で以下の2つの禁止物質(WADA The Prohibited List International Standard:禁止表国際基準に禁止物質として規定されている物質)についてNATA (National Association of Testing Authorities, Australia:豪州試験所認定協会)よりISO/IEC17025認定を取得し、WADA(World Anti-Doping Agency:世界アンチ・ドーピング機構)の承認に基づく分析の受託を開始しました。本分析は、マイクロフローLC-MS/MSを用いて尿試料中から対象物質およびその代謝物を高感度に一斉分析します。

禁止物質名 日本語名 概要
Growth Hormone Releasing Factors
(GHRFs)
成長ホルモン
分泌刺激因子
GHRFsは体内でヒト成長ホルモン(GH:Growth Hormon)の合成、分泌を刺激、促進する作用があり、競技能力向上のために使用される可能性があります。
Gonadotropin Releasing Hormone
(GnRH)
性腺刺激ホルモン
放出ホルモン
GnRHは体内で黄体形成ホルモン(LH:Luteinizing hormone)等の合成、分泌を刺激、促進する作用があり、男性において競技能力向上のために使用される可能性があります。


臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用