アンチドーピングラボラトリーについて

LSIメディエンス アンチドーピングラボラトリー
概要

認定

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)公認ドーピング分析機関/ WADA 東京ラボラトリー
国際規格ISO/IEC 17025認定ラボラトリー(審査認定機関 National Association of Testing Authorities, Australia:NATA)

業務

  • ドーピング検査における検体分析
  • 新規分析法等の研究開発
  • 国内外のアンチ・ドーピング機関との協力によるアンチ・ドーピング活動の推進
  • APMU(Athlete Passport Management Unit)※としてのABP(血液・ステロイド)データの解析及び契約アンチドーピング機関への提言提示

「APMUとしての活動」参照

所在地

〒174-8555 東京都板橋区志村三丁目30番1号

主な分析実績

大会名
1985年 第13回 ユニバーシアード競技大会(神戸)
1990年 第2回 アジア冬季競技大会(札幌)
1991年 第15回 ユニバーシアード競技大会(札幌)
1994年 第12回 アジア競技大会(広島)
1995年 第18回 ユニバーシアード競技大会(福岡)
1998年 第18回 オリンピック冬季競技大会(長野)
2001年 第6回 ワールドゲームズ(秋田)
第3回 東アジア競技大会(大阪)
2003年 第5回 アジア冬季競技大会(青森)
2008年 第29回 オリンピック競技大会(北京、一部の競技会外検査)
2009年 第1回 アジアユースゲームズ(シンガポール)
第8回 ワールドゲームズ(台湾・高雄)
第21回 夏季デフリンピック(台湾・台北)
第2回 アジアユースパラ競技大会(東京)
2012年 第30回 オリンピック競技大会(ロンドン、一部の競技会外検査)
2017年 第29回 ユニバーシアード競技大会(台湾)
第8回 アジア冬季競技大会(札幌、帯広)

その他、国内開催の国際競技会(ラグビーワールドカップ2019日本大会等)や国民体育大会、各競技における主要競技会(日本選手権、国内トップレベルのリーグ戦等)での分析実績があります。

国際貢献活動の実績

  • 2010年 第19回コモンウェルスゲームズ(インド・デリー)への大会側要請による分析エキスパート職員派遣
  • 2016年 第31回オリンピック競技大会、第15回パラリンピック競技大会(ブラジル・リオデジャネイロ)へのドーピング検査における検体分析支援のための職員派遣
  • 2018年 第23回オリンピック冬季競技大会(韓国・平昌)へのドーピング検査におけるIOC Lab Expert Groupへの参画

主な発表論文(国際ジャーナル誌、2010年以降)

  • Okano M, Miyamoto A, Sato M, Kageyama S (2019)
    Analysis of tretoquinol and its metabolites in human urine by liquid chromatography-tandem mass spectrometry. Drug Test Anal 11:1724-1730.
  • Okano M, Sato M, Kageyama S (2018)
    Lomerizine, trimetazidine and bis‐(4‐fluorophenyl)‐methylpiperazine in human urine after oral administration of lomerizine dihydrochloride: analysis by liquid chromatography‐high resolution‐tandem mass spectrometry.Drug Test Anal 10: 1689-1697.
  • Okano M, Sato M, Kageyama S (2017)
    Determination of higenamine and coclaurine levels in human urine after the administration of a throat lozenge containing Nandina domestica fruit.Drug Test Anal 9: 1788-1793.
  • Okano M, Sato M, Kageyama S (2016)
    Mass spectrometric characterisation of darbepoetin alfa biosimilars with C-terminal arginine residues. Drug Test Anal 8:1138-1146.
  • Okano M, Nishitani Y, Dohi M, Kageyama S (2016)
    Effects of intravenous infusion of glycerol on blood parameters and urinary glycerol concentrattions. Forensic Sci Int 262:121-127.
  • Okano M, Thevis M, Sato M, Kageyama S (2016)
    Analytical detection of trimetazidine produced by metabolic conversion of lomerizine in doping control analysis. Drug Test Anal 8:869-879.
  • Kojima A, Nishitani Y, Sato M, Kageyama S, Dohi M, Okano M (2016)
    Comparison of urine analysis and dried blood spot analysis for detection of ephedrine and methylephedrine in doping control. Drug Test Anal 8:189-198.
  • Okano M, Sato M, Kojima A, Kageyama S (2015)
    Determination of mepitiostane metabolites in human urine by liquid chromatography/tandem mass spectrometry for sports drug testing. J Pharm Biomed Anal 115:236-244.
  • Okano M, Nishitani Y, Kageyama S (2014)
    Possibility of analytical finding of glycerol caused by self–catheterization in doping control. Drug Test Anal 6: 1151–1154.
  • Okano M, Sato M, Kageyama S (2014)
    Identification of the long–acting erythropoiesis–stimulating agent darbepoetin alfa in human urine by liquid chromatography–tandem mass spectrometry. Anal Bioanal Chem 406: 1317–1329.
  • Okano M, Ueda T, Nishitani Y, Kano H, Ikekita A, Kageyama S (2013)
    UDP–Glucuronosyl Transferase 2B17 genotyping in Japanese athletes and evaluation of the current sports drug testing for detecting testosterone misuse. Drug Test Anal 5: 166–181.
  • Okano M, Nishitani Y. Sato M. Kageyama S (2012)
    Effectiveness of GH isoform differential immunoassay for detecting rhGH doping on application of various growth factors. Drug Test Anal 4: 691–700.
  • Pinyot A, Nikolovski Z, Bosch J, Such–Sanmartin G, Kageyama S, Segura J, Gutierrez–Gallego R (2012)
    Growth hormone secretagogues: out of competition. Anal Bioanal Chem 402: 1101–1108.
  • Okano M, Sato M, Kaneko E, Kageyama S (2011)
    Doping control of biosimilar epoetin kappa and other recombinant erythropoietins after intravenous application. Drug Test Anal 3: 798–805.
  • Okano M, Nishitani Y, Sato M, Ikekita A, Kageyama S (2010)
    Influence of intravenous administration of growth hormone releasing peptide–2 (GHRP–2) on detection of growth hormone doping: growth hormone isoform profiles in Japanese male subjects. Drug Test Anal 2 : 548–556.
  • Okano M, Sato M, Ikekita A, Kageyama S (2010)
    Determination of growth hormone secretagogue pralmorelin (GHRP–2) and its metabolite in human urine by liquidchromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry. Rapid Commun Mass Spectrom 24:2046–2056.
ページトップへ