診断検査

研究検査

インターロイキン-18(Interleukin-18:IL-18)

インターロイキン-18(IL-18)は、18kDaのサイトカインであり、クッパー細胞から産生され、マクロファージやケラチノサイト、腸上皮細胞、骨芽細胞、副腎皮質において活性化されている。IL-18は、毒物刺激に応答するIFN-γの産生に関連しており、IL-12と類似した機能を持っている。IL-18は IL-12とともに、リポ多糖類などの微生物産生物に伴った感染に続いて起きる、細胞性免疫を誘導する。IL-18 は、ある種の炎症性疾患において、炎症反応を誘導する機能を有するとも推察されている。血液悪性腫瘍や炎症性疾患、自己免疫疾患において、血漿中のIL-18濃度が高くなることが報告されている。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用