診断検査

研究検査

MCP-1(Monocyte Chemotactic Protein-1)

MCP-1は、別名MCAF(monocyte chemotactic and activating factor)と呼ばれ、単球の走化性因子として見出された。単球に対する作用は走化性の亢進ばかりでなく、ライソゾーム酵素や活性酸素の放出亢進、抗腫瘍活性の増強、IL-1およびIL-6の産生誘導など、単球活性化因子としての役割も明らかになっている。単球以外では、好塩基球による化学伝達物質の遊離促進、T細胞走化性活性がある。

MCP-1の産生・分泌は、LPSや炎症性サイトカインの刺激により生体のさまざまな細胞に認められ、単球/マクロファージ、線維芽細胞あるいは血管内皮細胞が代表的である。また、ある種の腫瘍細胞ではMCP-1の(他の刺激因子によらない)恒常的産生が観察されている。

これまでの研究成果から、MCP-1は動脈硬化症、遅延型アレルギー、関節リウマチ、あるいは肺疾患といった各種炎症性疾患において単球およびT細胞の組織浸潤に関与すると考えられている。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用