診断検査

研究検査

血管内皮増殖因子(Vascular Endothelial Growth Factor:VEGF)

血管内皮増殖因子(VEGF)は、下垂体foliculo-stellate(星状濾胞)細胞の培養液より単離された血管内皮細胞に特異的に作用する増殖因子である。また、相前後して報告された腫瘍細胞由来の血管透過性亢進因子VPFとVEGFとは、クローニングの結果、全く同一の遺伝子産物であることが判明している。その産生細胞としてfolliculo-stellate細胞はもとより、マクロファージ、平滑筋細胞、胚線維芽細胞等の多様な正常細胞、ならびに腫瘍細胞の報告がある。

VEGFは、血管内皮細胞の増殖を始めとした血管新生過程の促進、血管透過性の亢進作用を有することから、血管新生が重要な役割を果たす各種疾患との関連が推定されている。実際、固形腫瘍患者血清中でVEGFの産生増大が観察されており、癌の増悪機転への密接な関与が示唆される。この他、糖尿病性網膜症にみられる異常血管新生、関節リウマチの炎症巣、あるいは創傷治癒過程におけるVEGFの動態も注目されている。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用