患者様(一般の方)向け情報

カラダWebBookシリーズ 脂質異常症と高血圧をコントロールしよう

脂質異常症には3つの脂質が関わっている

脂質異常症とは
 脂質とは血液に溶けている脂肪分のことで、悪玉と呼ばれるLDLコレステロール、善玉と呼ばれるHDLコレステロール、 さらにトリグリセリド(中性脂肪)等があります。脂質異常症*1とは、これら脂質の量が多すぎたり少なすぎたりする病気です。
 *1もともと、脂質が高いという意味で「高脂血症」と呼ばれていましたが、HDLコレステロールのように低い方が異常な場合もあるため、2007年、「脂質異常症」に変更されました。

3つの脂質の働き
 コレステロールは体の細胞膜やホルモンの構成成分として重要な働きをしていますが、LDLコレステロールが多すぎる と、動脈壁にコレステロールが沈着してしまいます。
 一方、HDLコレステロールには、動脈壁に溜まった余分なコレステロールを回収・処理する働きがあります。
 トリグリセリドは生体がエネルギー不足になった非常時のエネルギー源となりますが、過剰に存在すると動脈硬化が進行します。

動脈硬化を防ぐためには、危険因子を減らすこと


臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用