電子カルテ

電子カルテ

診療業務

  1. 1 過去カルテの検索

    ショートカットキー【Ctrl + F】によるブラウザ感覚の操作性で、フリーワードによるカルテ検索ができます。
    検索文字列に合致したキーワードはハイライト表示されますので、必要な情報をすばやく参照できます。

    m-KARTE操作イメージ

  2. 2 過去カルテの絞込表示

    ナビゲータ上に設けた表示条件ボタンをクリックすることで、条件に一致する過去カルテのみを表示できます。
    表示条件は、ナビゲータ上の設定画面から簡単に登録・変更することができます。

    m-KARTE操作イメージ

  3. 3 保存時の入力チェック

    カルテを保存する際に、保存ダイアログ上に各種チェック結果を表示することができます。

    m-KARTE操作イメージ

  4. 4 豊富な入力ツール

    所見、シェーマ、処置・処方などの様々な診療行為、病名など、カルテ記載に必要な内容を簡単に入力できる各種ツールを提供します。

    m-KARTE操作イメージ

  5. 5 メディカルセット

    定型的な診療行為については、症状・経過、処置・処方、病名を簡単な操作でセット入力できます。
    また、複数診療日分のメディカルセットを作成して予定入力することで、症状・経過情報を含む未来の診療計画を登録することができ、カルテ入力の効率化と、診療の質の向上を支援します。

    m-KARTE操作イメージ

  6. 6 指示歴表示

    指示歴と検査結果グラフを上下に並列表示する形式としました。
    処方による検査値の改善効果等が分かりやすく表示されるため、患者様へのご指導に活用いただけます。

    m-KARTE操作イメージ

  7. 7 書状作成

    診断書など、さまざまな書状をWORDやEXCEL形式で簡単に作成できます。
    患者情報、病名、診療行為などを画面で選択し、文書イメージを確認しながら文書を作成できます。

    m-KARTE操作イメージ

    紹介状作成時に紹介先の登録が行えます。

    m-KARTE操作イメージ

    書状作成画面に過去カルテを表示でき、過去カルテの内容を活用して効率的に書状の作成が行えます。

    m-KARTE操作イメージ

  8. 8 カルテ入力中の会計金額の確認

    カルテを入力しながら、その時点での点数・会計額の確認を行うことができます。
     点数確認時には各種自動算定も反映され、さらに医療事務的な観点での入力チェックもできます。

    m-KARTE操作イメージ

    診察中に、患者の過去の会計カード(医事会計明細データ)の内容を参照できます。
     さらに、カルテ入力中に会計内容を見ながらDo入力することができます。

    m-KARTE操作イメージ

  9. 9 伝言メモ

    スタッフ間の連絡に便利な伝言メモ機能を用意しています。
     患者に伝言メモを登録することで、該当患者についての申し送りを全てのスタッフで共有できます。
     また、伝言メモアイコンはタスクバーに表示されるので、メモを簡単に作成できます。

    m-KARTE操作イメージ

  10. 10 添付文書PDF表示

    カルテに入力された医薬品の処方チェック機能と、添付文書参照機能を提供します。
     チェック結果はひと目で把握できるよう一行で表示され、必要な場合には詳細な説明を表示できます。

    m-KARTE操作イメージ

  11. 11 適応病名チェックDB

    カルテ上の処方の適応病名の入力有無をチェックし、適応症が未入力の場合にはチェック結果画面を表示します。

    m-KARTE操作イメージ



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用