食の安全サポート

残留農薬検査 ポジティブリスト制度の解説

平成15年5月、食品衛生法等の一部が改正され、食品に残留する農薬、動物用医薬品及び飼料添加物に関し、ポジティブリスト制度を導入することが決定されました。厚生労働省では約3年の歳月をかけ新基準等の作成を行ってきましたが、平成18年5月29日より厚生労働省告示497号〜499号としてポジティブリスト制度関連法案が施行され、ついに本制度の運用がはじまりました。本制度によって残留農薬検査を取り巻く環境はどのように変わったのでしょうか。以下に本制度の概要について解説いたします。

ポジティブリスト制度のポイント

  1. 農薬・動物用医薬品・飼料添加物等、総数799物質に対して残留基準値が設定
  2. 従来の農作物・畜水産物・飼料だけでなく加工食品についても適用
  3. 残留基準値の規定が大幅に改定
  4. 本制度は公布日より6カ月間を移行期間とし、平成18年5月29日より施行

残留基準値の改定点

  1. 従来からある食品衛生法にある残留基準値はそのまま適用
  2. 従来基準値を定めていなかった農薬については、CODEX基準・登録保留基準・外国の基準を参考に暫定基準を設定(厚生労働省告示第499号)
  3. 暫定基準が設定されていないものについては一律基準0.01ppmを適用(厚生労働省告示第497号)
  4. 健康を損なうおそれの無いことが明らかであるとして厚生労働大臣が指定した65物質は、ポジティブリスト制度の対象から除外(厚生労働省告示第498号)
  5. 2, 4, 5-T 等15物質については「不検出」を基準値として設定
なお、ポジティブリスト制度につきましては厚生労働省のホームページもご参照ください。

「残留農薬検査」TOPへ戻る



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用