食の安全サポート

食味を指標とした品質管理検査

センサー機器の概要

におい・味覚センサーとは、人間の鼻や舌を模倣したセンサーで、人間と同様のにおいや味を感じることができる装置です。またテクスチャーとは食感のことで、主に「歯ごたえ」を定量的に数値する装置です。これらセンサー機器の特徴として次の点があげられます。
  • 評価項目が細分化・数値化されることにより、ヒトによる官能試験と比べ、より客観的判断が可能
  • 再現性が高い
  • 処理能力が非常に高い(100サンプル/日)
  • 過去の評価との比較が可能
においセンサーの構成
味覚センサーの構成
テクスチャーの構成

「食味品質管理検査」TOPへ戻る



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用