食の安全サポート

食品理化学検査

3.アレルギー物質検査

消費者庁の通知法に従った検査を実施しています。

アレルギー物質を含む食品の表示には、「義務(特定原材料7品目)」のものと「推奨(特定原材料に準ずるもの20品目)」の2つがあります。表示義務の7品目については、コンタミネーションであっても10μg/g以上の含有があった場合には表示が必要となります。

アレルギー物質検査

検査項目 (義務項目: 特定原材料7品目)

検査項目 必要量 検査日数
牛乳(乳)
小麦
そば

落花生
甲殻類(えび・かに) New
1製品につき1食分以上
または、
1包装(100g)以上
9〜10営業日

平成20年6月3日付で食品衛生法施行規則の一部が改正され、「えび」及び「かに」が推奨項目から表示義務項目へ移行しました。

対象食品

加工食品全般

検査方法

消費者庁の特定原材料通知法に従ったELISA法による検査を実施しています。

アレルギー物質検査風景


なお、通知法に基づく確認試験(ウエスタンブロット法、PCR法)も実施しています。

お問合せ先 / 資料請求先

LSIメディエンス
〒 174-0051 東京都板橋区小豆沢 4-25-11
Tel 03-5994-2271 Fax 03-5994-2971

Mail お問い合わせは お願いします。lsim-food@nm.medience.co.jp

「食品理化学検査」TOPへ戻る



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用