ドーピング検査

主な分析対象物質と分析方法/導入分析機器




●分析対象の禁止物質・方法と分析法の例

分析対象群 不正使用の例 分析法
抱合型興奮薬・麻薬 コカイン 液体クロマトグラフィータンデム質量分析法(LC/MS/MS法)
利尿薬 フロセミド
β-遮断薬 プロプラノロール
糖質コルチコイド プレドニゾロン
抗エストロジェン クロミフェン
血漿増量剤 ヒドロキシエチルデンプン
遊離型塩基性物質(興奮剤など) アンフェタミン,ジブトラミン
タンパク同化剤 メチルテストステロン,SARMs ガスクロマトグラフィータンデム質量分析法(GC/MS/MS法)
内因性ステロイド テストステロン ガスクロマトグラフィー炭素同位体比質量分析法(GC/C/IRMS法)
ゴナドトロビン hCG,LH 酵素免疫法(EIA)
造血ホルモン エポエチン-α,CERA 電気泳動法(SAR-PAGE法), LC/MS/MS法
成長ホルモン rhGH 酵素免疫法(EIA), ラジオイムノアッセイ法(IRMA)
血液パラメーター 造血ホルモン/自己血輸血 フローサイトメトリー法
HBOCs Hemopure LC/MS/MS法
同種血 同種輸血 フローサイトメトリー法
ペプチド GHRP,インスリン LC/MS/MS法


 



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用