アニムス

医療情報季刊誌 アニムス

「医療情報誌animus」No.35の掲載内容をご案内します。

No.35(2004 Summer)特集:グローバル化時代の旅行医学

各記事の資料請求は、お問い合わせページのアニムスの欄に[番号]を入力してください。


資料請求
番号
コーナー名 タイトル/著者
[1] この人に聞く 人と話している中から小説を生み出していく作家に
瀬名 秀明(作家)
[2] グローバル化時代の
旅行医学
〈座談会:旅の安全を科学する〉
― 旅行医学はどう役立つか―
山田 兼雄 (日本旅行医学会 理事長)
篠塚  規 (日本旅行医学会 専務理事)
W. Pasini (ヨーロッパ旅行医学会 会長)
B.Basnyat (ヒマラヤ・レスキュー隊 医師)
[3] 航空機内救急医療の現状 除細動器などについて
宮島 真之(宮島医院 元全日本空輸株式会社東京乗員健康管理センター)
[4] 海外での病院のかかり方
篠塚  規(オブベース・メディカ)
[5] 旅行と心臓病
藤崎 浩行(大和成和病院 心臓血管外科 医長)
[6] 旅行者のインスリン療法 超速攻型インスリン製剤を中心に
東 浩介(順天堂大学 内科代謝内分泌学)
[7] 喘息持ちレジャーダイバーの潜水適正をどう判断するか
大岩 弘典(日本大学医学部衛生学/宇宙医学 客員教授 鎌倉女子大学 教授)
[8] ネパール・ヒマラヤにおけるトレッキング
Buddha Basnyat M.D.(Tribhuvan大学医学部 教授 ヒマラヤ・レスキュー隊 医師)
[9] 最新の時差対策
白川 修一郎(国立精神・神経センター 精神保健研究所 老人精神保健研究室長)
[10] トラベラーズワクチンの課題
薗部 友良(日本赤十字社医療センター 小児科部長)
[11] 談話室 新医師研修制度の中で僻地医療・地域医療の専門家作りに情熱をかたむける
名郷 直樹(横須賀市立うわまち病院臨床研修センター長 伊東市立伊東市民病院臨床研修センター長 社団法人地域医療振興協会 地域医療研修センター長)





臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用