乱用薬物検査 検査の内容

乱用薬物検査

お問い合わせ・資料請求

検査の内容

検体妥当性試験

検体妥当性試験

検査試料のことを「検体」といいます。当社の乱用薬物検査では、全ての検体に「検体妥当性試験」を行います。
薬物の検出を妨げようとして、検体に意図的に手を加え(水で薄める・入れ替える、異物を混入するなど)、提出される可能性があるためチェックの仕組みが望まれます。
当社の検体妥当性試験は、薬物の検査に先立ち、適切な検体であるか否かを確認しています。ここで不適切な検体であると判定された場合には、再採尿を勧める旨のコメントと共に「無効・混入・入替」の結果を報告いたします。
なお、「検体の希釈」を示唆するコメントが報告される場合もありますが、その際には痛風や結石を患った方は医師から水を多めに摂るよう指導されることを踏まえ、被検者とコミュニケーションをとって、より慎重に再採尿し、再検査をするようお勧めします。

※当社の検体妥当性試験は、国際的機関による技術試験を受けており、ここでも精度を確認し信頼性の高さを維持しています。

スクリーニング検査

スクリーニング検査は免疫測定法(EMIT法)にて行います。判定基準以下の検体は、ここで「陰性」が確定します。判定基準を超えた検体は「非陰性」として分類され、この後に「確認検査」を行います。

確認検査

確認検査はLC-MS/MS法(高速液体クロマトグラフィー・タンデム質量分析法)で実施します。これは感度・特異度が高い分析方法です。ご報告するアンフェタミン・メタンフェタミンなど12種類の成分ごとに、陰性または陽性の判定をいたします。

確認検査の分析方法

①LC- ②MS/ ③MS: ①クロマトグラフィーで分離された成分の中から、②質量分析器で特定質量の成分を選択し、コリジョンセルというところで分解し、③分解で発生した特定質量成分を質量分析器で検出します。
LC(liquidchromatography:液体クロマトグラフィー)は試料物質が液体に乗って(液相)移動する速度の差で分離されることを利用した分析方法です。MS(massspectrometry:質量分析法)は分子構造の特性を利用した分析方法です。

治療薬物と乱用薬物の検査

治療における投薬管理での検査

治療のために投薬を行うとき、薬物の血中濃度に注意をしなければなりませんが、ときに医師は薬物治療モニタリング(TDM, Therapeutic Drug Monitoring)を行って、きめ細やかに投薬量を調節します。有効治療濃度に未達なら投与量を増やしたり投与間隔を短くしたりしますし、超過すると副作用や中毒の危険があります。すなわち、TDMの検査では「物質の濃度(定量)」に意義があります。
LSIメディエンスでは抗てんかん剤・睡眠剤・抗不安剤・精神神経用剤・抗不整脈剤などの各種薬剤の血中濃度測定を受託しています。

投薬と血中濃度変化の図

※医薬品の他、農薬の検査も受託しています。 薬毒物検査のページへ

乱用薬物の検出

一方の乱用薬物検査では、検査材料は尿です。摂取した薬物は体内で代謝されて尿中に排泄されていきます。薬物の使用を止めれば、体内の対象物質濃度は次第に薄くなっていきますから、「濃度の測定」より「物質の有無(定性)」に意義があります。このため、当社の検査報告は薬物ごとの定性報告です。
検出感度が高い検査方法が、より長期にわたり物質を検出することができるといえますが、当社の方法でも、いずれは検出限界を下回る濃度になります。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用