診断検査

研究検査

インターロイキン-8(Interleukin-8:IL-8)

インターロイキン-8(IL-8)は、IL-1やTNFといった炎症性サイトカインの刺激により白血球を始めとして、線維芽細胞や内皮細胞など種々の細胞から産生される白血球遊走因子(leukocyte chemotactic factor)である。in vivoin vitro において好中球、T細胞、好塩基球に対するさまざまな生物活性が認められている。例えば、好中球への代表的な作用は走化性活性(chemotaxis)および好中球の脱顆粒・酵素放出(exocytosis)であり、生体における炎症形成の重要なメディエーターと考えられる。IL-8と病態発生ならびに進展との関連については未解明の点も多いが、非感染性の炎症性疾患であるリウマチ性関節炎や痛風、乾癬、成人呼吸窮迫症候群、喘息などを対象とした報告が為されている。また、好中球の癌細胞傷害作用は活性酸素やライソゾーム酵素の放出を介するとされていることから、この面からもIL-8の病態生理学的役割の解明が待たれる。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用