診断検査

研究検査

腫瘍壊死因子(Tumor Necrosis Factor:TNF)

腫瘍壊死因子(TNF)は腫瘍壊死作用を有する活性化マクロファージ由来のサイトカインとして見出され、その後、悪液質誘発因子であるcachectinと同一物質であることが明らかとなった。また、このTNFに構造的なhomologyを示す活性化リンパ球由来の物質にlymphotoxinがあり、両者は標的細胞の同一のレセプターに結合し、生物活性の点でも共通性が高い。現在、一般に前者をTNF-α、後者をTNF-βと呼び、単にTNFという場合はTNF-αを意味する。その生物活性は極めて多彩であり、IL-1やPGE2、コラゲナーゼなどの産生を介して発熱や種々の炎症反応を惹起することから、炎症反応の一つのメディエーターと考えられている。TNFの過剰産生は、膠原病および類縁疾患、川崎病、髄膜炎、マラリア、悪液質、AIDS、多臓器不全などの病態に密接に関与しているといわれている。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用