診断検査

研究検査

GLP-1 Active(Glucagon-like Peptide-1 Active)

GLP-1は、消化管に入った炭水化物を認識して消化管粘膜上皮から分泌されるホルモンである。膵臓からのインスリン分泌を促進するほか、膵α細胞からのグルカゴン分泌を抑制、胃の内容物排出速度の遅延、満腹感を助長し食欲を抑制、食後の急激な血糖上昇を抑制する等の作用がある。しかしながら、分解酵素であるDPP-4(dipeptidyl peptidase-4)により速やかに不活化されるため、体内停滞時間が短く作用が長く続かない。糖尿病改善のため、DPP-4の阻害薬、GLP-1受容体作動薬と言った薬が日本および海外で開発され実際に2型糖尿病の治療薬として利用されている。このように血液中のGLP-1の測定は、DPP-4阻害物質のスクリーニング等糖尿病の基礎研究などに有用性が増している。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用