診断検査

研究検査

ペントシジン(Pentosidine)

今日、糖尿病合併症の成因の一つとして高血糖状態の持続に伴うAGEsの生体内蓄積説が有力である。ここでAGEsとはグルコースに代表される還元糖と生体内蛋白の非酵素的反応(glycation;糖化)過程における後期段階の産物であり、脱水・転移・縮合などの複雑な化学反応を経て生成されるさまざまな構造体が含まれる。糖尿病合併症に加えて、腎不全や骨疾患、Alzheimer病、神経変性疾患にもAGEsが関与するという。

ペントシジンはリジン残基とアルギニン残基が五炭糖により架橋された構造を持つAGEsである。糖尿病や慢性腎不全患者の血中ペントシジン濃度は著しい高値を呈するという。これら疾患で高値になる理由としては、ペントシジンの主要排泄経路である腎のクリアランス低下、glycation反応の標的となる血漿蛋白の蓄積によるMaillard反応亢進などが挙げられる。リウマチ様関節炎、重症アトピー性皮膚炎でもペントシジン高値の報告がある。また、ヒト硬膜や皮膚コラーゲンでは加齢に伴うペントシジン蓄積の進行が確認されており、その組織中含量と老化との関連が示唆される。因みにペントシジンの生成には糖化(glycation)とともに酸化(oxidation)過程を含むことから酸化ストレスの関与の程度を含め、AGEsの病態生理学的意義をより多面的に探究する上で有用と考えられる。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用