フィブリン分解産物キット LPIAジェネシス Dダイマー

診断薬・機器トップへ戻る

フィブリン分解産物キット LPIAジェネシス Dダイマー

  • パンフレットダウンロードはこちらから
  • お問い合わせはこちらから
  • Top
  • 取り扱い項目一覧
  • 日立ハイテクノロジーLABOSPECT専用試薬

  • Dダイマー
  • CK-MB
  • エラスターゼ1
  • ALB
  • Cys-c
  • CRP
  • フェリチン
  • アディポネクチン
  • Ca
  • HbA1c

フィブリン分解産物キット LPIAジェネシス Dダイマー

Dダイマーとは

Dダイマーは血栓が分解して可溶化された物質です。
従って血中Dダイマーの存在は、近過去に血栓を作る凝固反応が起き、現在それを分解している病態を示します。
この為、血中Dダイマーの測定は、DICの診断、DVTの除外診断をはじめ、血栓症の診断・病態把握にきわめて有用です。

最小検出感度(STACIA)

低濃度域における信頼性が向上しました。

最小検出感度(STACIA)

プロゾーン(STACIA)

400μg/mLまで抗原過剰の影響を認めません。

プロゾーン(STACIA)

直線性(STACIA)

測定範囲が0.3〜60μg/mLに拡大しました。

検体1

  • 検体2
  • 検体3

同時再現性(STACIA)

(n=10)(μg/mL)

検体 管理検体1 管理検体2 管理検体3
Mean 1.08 16.47 42.33
Max. 1.12 16.53 42.62
Min. 1.00 16.40 41.92
Range 0.12 0.13 0.70
S.D. 0.034 0.035 0.182
C.V. 3.14% 0.21% 0.43%

オンボード安定性(STACIA)

(μg/mL)

  イアトロセーラ
TH-T
イアトロセーラ
TH-U
管理検体
Mean 1.51 18.24 4.67
S.D. 0.049 0.196 0.024
C.V. 3.22% 1.07% 0.52%
オンボード安定性(STACIA)

採血管内凝固の影響

採血管内凝固が疑われた検体で再採血、再測定を行った結果、従来試薬(エルピアエースD-DダイマーU)では再採血と初回採血の差がみられましたが、LPIAジェネシス Dダイマーではその差がなくなっていることから、採血管内凝固の影響を受けにくい試薬であることがわかります。

※APTT短縮,フィブリン塊が認められた検体

採血管内凝固の影響

  • 採血管内凝固の影響
  • 採血管内凝固の影響

第16回日本検査血液学会学術集会(2015年 名古屋開催) 横浜市立大学附属病院臨床検査部発表資料より引用

相関性

従来試薬と良好な相関性を示しました。

  • 相関性
  • 相関性

参考基準値

参考基準値

製品概要

  • 血漿又は血清中のDダイマーの測定
  • 参考基準値 1.00μg/mL未満
商品
コード
製品番号 製品名 包装 対応機種
756818 RM75-681LK LPIAジェネシス Dダイマー
(認証番号)
227AHEZX00033000
R-1 : 11.5mL×1
R-2 : 11.5mL×1
  (120回)
STACIA
636820 7E-68B1 R-1 : 7.5mL×2
R-2 : 7.5mL×2
CSシリーズ
636837 7F-68B1 R-1 : 6mL×2
R-2 : 6mL×2
CPシリーズ
636813 7D-68B1 R-1 : 12mL×1
R-2 :  6mL×1
日立7180
636806 ST-681XS LPIAジェネシス
Dダイマーキャリブレーター
0.5mL用×1×6濃度 共通
760013 RM600-11 イアトロセーラTHレベルT 0.5mL用×6
760020 RM600-12 イアトロセーラTHレベルU

※ロットによって表示値が異なります。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用