汎用自動分析装置用試薬 イアトロCRP-EX

診断薬・機器トップへ戻る

イアトロCRP-EX

  • パンフレットダウンロードはこちらから
  • お問い合わせはこちらから
  • Top
  • 取り扱い項目一覧
  • 日立ハイテクノロジーLABOSPECT専用試薬

  • Dダイマー
  • CK-MB
  • エラスターゼ1
  • ALB
  • Cys-c
  • CRP
  • フェリチン
  • アディポネクチン
  • Ca
  • HbA1c

汎用自動分析装置用 CRP測定試薬 イアトロCRP-EX 低値域にも優れた精度を発揮。0.01〜30mg/dLの幅広いレンジで正確に測定できます。

汎用自動分析装置用 CRP測定試薬 CRPとは

CRPは急性炎症あるいは組織崩壊性病変で増加する代表的な炎症マーカーで、炎症性病巣の存在や病変の程度を鋭敏に反映します。このため感染症、膠原病など炎症性疾患の活動性や重症度、経過観察および予後判定の指標として用いられます。

CRPは炎症性疾患で上昇する一群の蛋白の一種です。血液その他の体液中に広く分布し、血流を通じて炎症の場に達し、壊死に陥った細胞膜のリン脂質と結合して、補体の活性化、リンパ球機能の活性化、貪食細胞機能促進など生物学的変化を起こし、それらを通じて炎症により生じた体内の病的産物を除去する作用を持ちます。

汎用自動分析装置用 CRP測定試薬の特長

  • 幅広い測定域(0.01〜30mg/dL)を正確に測定できます。
  • 低値域の測定精度に優れています。
  • 少なくとも100mg/dLまでは地帯現象を認めません。

汎用自動分析装置用 CRP測定試薬 基本データ

直線性(〜30mg/dL)   相関
     
高濃度域の反応性    


臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用