臨床検査 POCT関連商品

診断薬・機器トップへ戻る

簡易インフルエンザ検査キット プロラストFlu

  • パンプレットダウンロードはこちらから
  • お問い合わせはこちらから
  • トップ
  • 操作方法
  • FAQ
  • 呼吸器感染症簡易検査キットシリーズ アデノウイルス迅速検出キット アデノテストAD

A型及びB型インフルエンザウイルス抗原検出試薬 簡易インフルエンザ検査キット プロラストFluの操作方法

ご使用の前には必ず添付書類をお読み下さい。

検体抽出液入りチューブ、テストカードはアルミパックのままで、室内温度(15℃〜37℃)に戻してからご使用ください。

A型及びB型インフルエンザウイルス抗原検出試薬 簡易インフルエンザ検査キット プロラストFluの製品構成

■プロラストFlu

体外診断用医薬品

承認番号21900AMX00003000
貯法:室温(1〜30℃)、禁凍結

  • 1)テストカード
  • 2)検体抽出液
  • 3)フィルター付きノズル
  • 4)滅菌綿棒(鼻腔用)

(咽頭用滅菌綿棒ご使用の場合は別途ご用意ください)

製品構成サンプル図

A型及びB型インフルエンザウイルス抗原検出試薬 簡易インフルエンザ検査キット プロラストFlu 検体の抽出方法

検体の抽出方法1番目

検体抽出液入りチューブのアルミシールをはずし、検体を採取した綿棒を検体抽出液に浸し、よく攪拌します。
このとき、綿球全体が検体抽出液に浸るようにします。

検体の抽出方法2番目

チューブの外側から綿球部分を指でつまんで“もむ”ように、採取した検体をよく絞り出します。

検体の抽出方法3番目

チューブをつまんでしごくように綿棒を引き抜き、液を絞り出します。
絞り出した液体を検体液とします。

検体の抽出方法4番目

付属のフィルター付きノズルを奥までしっかりとはめこみ、よく攪拌してください。

※インフルエンザウィルス抗原が十分な量採取できることが多い、鼻腔ぬぐい液、鼻腔吸引液のご使用をお勧めします。

このページのトップへ戻る

A型及びB型インフルエンザウイルス抗原検出試薬 簡易インフルエンザ検査キット プロラストFluの測定操作

検体の抽出方法5番目

アルミパックから取り出したテストカードを平らな場所に置きます。

検体の抽出方法6番目
チューブの中程をつまみ、チューブをまっすぐに立てて、テストカードの検体滴下部2ヶ所(Sampleと表示された丸い穴 2ヶ所 )に、それぞれ検体液3滴ゆっくりと滴下 します。

検体の抽出方法7番目

10分間静置後、テストカードの
判定部分に出現するラインの有無を
目視で観察し、判定します。

このページのトップへ戻る

A型及びB型インフルエンザウイルス抗原検出試薬 簡易インフルエンザ検査キット プロラストFluの測定操作

A型陽性
AとBの各Control判定部(両方)に赤紫色のラインが見え、AのTest判定部にのみ赤紫色のラインが見える
B型陽性
AとBの各Control判定部(両方)に赤紫色のラインが見え、BのTest判定部にのみ赤紫色のラインが見える
A型B型陽性
AとBの各Control判定部(両方)に赤紫色のラインが見え、AとBの各Test判定部(両方)に赤紫色のラインが見える
AとBの各Control判定部(両方)に赤紫色のラインが見え、A、Bの各Test判定部には赤紫色のラインが見えない
AとBの各Control判定部(両方)に赤紫色のラインが見えない場合は、判定保留とし再測定を行ってください。

このページのトップへ戻る



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用