アレルギー情報

アレルギー検査の基礎知識

用語説明など、アレルギーに関してわかりやすく説明しています。

花粉症やじんましんを起こす黒幕はだれ?

 いわゆる「花粉症」と言われるアレルギー性鼻炎・結膜炎をはじめ、じんましん、食物アレルギーなど、お悩みの方は多いのではないでしょうか。これらの病態は、アレルギー反応を引き起こす物質(アレルゲンと呼ばれます)に触れるとすぐに症状が現れるため、「即時型過敏症」と総称されます。別名「I型アレルギー」とも呼ばれるこの反応には、IgEという蛋白質が深く関わっています。患者さんの血液中には、このIgEがアレルギーのない人に比べて高濃度に存在しています。アレルゲンにはスギ、ヒノキなどの花粉や、ハウスダスト、あるいは卵の黄身や牛乳など、さまざまな物質がありますね。IgEにもいろいろあって、スギ花粉に反応する「スギ特異的IgE」や、卵の黄身に反応する「卵黄特異的IgE」など、アレルゲンに応じてさまざまな種類が知られています。

I型アレルギー発症のしくみ

 さてこのIgEですが、普段は何気ない顔で血液中を漂っています。ところが、鼻や腸の粘膜でアレルゲン(花粉や卵黄など)に出会うと、それぞれに対応したIgEが手を開くようにして結合します(1)。 一方、粘膜には肥満細胞や好塩基球とよばれる細胞がいて、アレルゲンと結合したIgEをがっちりと捕まえます(2)。 この肥満細胞や好塩基球の内側には、悪いことにヒスタミン、ロイコトリエンなど、あたりを水浸しにしたり痒みを発生させたりする「化学爆弾」が貯蔵されています。肥満細胞たちがアレルゲンと結合したIgEを捉えると、これらの「爆弾」が一気に粘膜組織へ放出されます(3)。 その結果、鼻水や涙が出たり、痒みに襲われる事になります。

 I型アレルギーの人は、アレルゲンに特異的なIgEの血中濃度が高いため、爆弾が放出されやすくなっています。これが花粉症のおおまかな発症メカニズムです。

血液検査で特異的IgEを調べるのはナゼ?

 上記のように、IgE抗体をたくさん持っている人ほど、それに対応したI型アレルギーを発症しやすいと考えられます。これを利用して血液を採取し、各種アレルゲンに対する特異的IgE濃度を測定すれば、どんな物質でアレルギー反応を起こしやすいか推定できるわけです。この場合、IgEの値と症状の有無はよく相関しますが、必ずしも並行するとは限りません。と言うのは、いくらIgEが高くても、爆弾を抱えた好塩基球や肥満細胞がまわりに十分いなければ症状は起こりません。「爆弾」に対する周辺組織の感受性もさまざまです。またアレルギーにはI型のほかII、III、IV型など機序の違うものが存在します。したがって特異的IgE抗体による検査は、あくまでアレルギーの目安のひとつとすべきでしょう。なおアレルゲンの特定には、IgEのほか皮膚に抗原を付着させるプリックテスト、医師立ち会いのもと実際に抗原を摂取させるチャレンジテストなども行われます。

アレルギー発症のしくみ(I型アレルギー)

アレルギー発症のしくみ続き(I型アレルギー)



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用