アレルギー情報

アレルギー情報

1200万件のデータを集計 当社で実施したアレルギー検査のデータ集です。日本のアレルギーの実態が見えてきます!

Allergy Data File
当社で実施しているアレルギー検査の情報です


患者様(一般の方)向けアレルギー情報

この統計の対象と方法

  • 対象
    当社で受託したアレルゲン特異的IgE検体
  • 集計データ数
    1998年1月〜2012年12月 検査実施分約1300万テスト
    ※当社の受託検体数は年間100万件を超えます。
  • 取扱項目
    検査項目ごとに受託件数の多い順に件数を累積していき、100%に達する項目までを取り扱っています。その範囲は90%、95%、99%、100%の4区分から選択できるようになっています。
    ※母数が少ない場合は、データの解釈にご注意下さい。当社では研究目的などの偏った背景の検体も取り扱っております。 (なお、95%超の項目は網掛け表示されます。)
  • 検査方法と判定基準
    1. 測定法 :CAP RAST法
    2. 判定基準:スコア2(0.70 UA/ml)以上を陽性としています。

    3. 陽性率 :受託検体数に対する陽性検体数の割合を示します。

    ※本検査はファディア(株)のCAP RAST法に基づいて実施しています。
  • ご注意
    本サイト掲載のデータは、医療関連機関において実際にアレルギーが疑われ、あるいはスクリーニングの目的でIgEが測定された集団の統計であるため、一般人口より陽性率が高くなる傾向があります。
    すなわち「一般人口におけるIgE抗体価が高い人の存在する割合」ではありませんのでご注意ください。

監修 木村聡

  • 昭和大学横浜市北部病院 臨床検査部長
  • 日本臨床検査医学会 認証臨床検査専門医


臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用