診断検査

研究検査

HEV-RNA(Hepatitis E Virus)

E型肝炎ウイルス(HEV)はカリシウイルス科に属するRNAウイルスで、汚染された手や食物、飲料水等を介した経口感染により伝播し、A型肝炎に類似した肝炎症状を惹起することが知られている。本症は一過性感染に終わり(慢性化することはない)、その肝炎症状も軽度にて推移することが多い。但し、劇症肝炎への進展頻度は1〜2%とみられ、A型肝炎よりもやや高率である。妊娠末期の感染ではしばしば重症化し、死亡率も20%に達するという。主な浸淫地域は東南アジアやアフリカなど、熱帯・亜熱帯諸国である。

臨床経過としては、感染後2週〜2か月程度の潜伏期を経て発症に至り、前後してIgMクラスの抗HEV抗体価の上昇が認められる。血中のHEV-RNAは発症の1〜2週前から出現し、発症後次第に消退するものの、約1/4の症例では数か月にわたってウイルス血症が持続するとの報告もみられる。また、発症前後から3〜4週にかけては糞便中へのHEV粒子の排泄が認められる。

HEVは発展途上国においては常在し、その感染・発症の多くは散発的であるが、時に広範囲な流行を起こすとされてきた。我が国での臨床診断例は未だ稀であるものの、感染宿主としてブタやニワトリなどの食用の家畜が挙げられることから、今後とも監視が必要である。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用