診断検査

研究検査

可溶性腫瘍壊死因子レセプター(Soluble Tumor Necrosis Factor Receptor:sTNFR)

腫瘍壊死因子レセプター(TNFR)には55kDaおよび75kDaの異なる2種類の分子種の存在が知られ、それぞれTNFR-ⅠおよびTNFR-Ⅱと呼ばれている。両者のアミノ酸配列を比較すると、特に細胞内ドメインで全く異なっており、またTNFR-Ⅰがシグナル伝達を担う機能的レセプターであることを証明されているのに対して、TNFR-Ⅱの機能は不明である。癌患者血清中にTNFの作用を阻害する特異的結合蛋白が存在することは以前から報告されてきたが、近年のいくつかの研究によれば、それらは上述のレセプターの細胞外ドメインがプロテアーゼにより切断され可溶化したものであるという。こうした可溶性レセプターは、生体内においてTNFに拮抗する制御因子として機能すると考えられており、sTNFRの測定は癌や白血病を始めとする各種疾患患者の病態把握に新たな情報を提供するものと云えよう。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用