診断検査

研究検査

レプチン(Leptin)

レプチンは、ヒトおよびマウスに見出された"肥満遺伝子(ob )"がコードする蛋白であり、脂肪組織特異的に発現する。これまでの研究から、レプチンには中枢神経系を介した摂食抑制およびエネルギー消費増加作用のあることが明らかとなり、体脂肪量の内分泌学的調節機構に関与するものと考えられている。

レプチンmRNAの発現は体脂肪量に相関し、レプチンを含めたnegative feedback loopの存在が窺われる。しかしながら、大部分の肥満者における血中レプチン濃度はむしろ痩身者のそれよりも高く、また肥満者にレプチン遺伝子領域の変異も殆ど認められない。そのため、病的肥満の成立はレプチン産生低下あるいは異常ではなく、生体内における何らかのレプチン作用抵抗性により多く起因するという説が有力である。因みに、視床下部に存在するレプチンレセプターを破壊したモデル動物では、レプチンmRNAの発現が有意に亢進しているという。

血中レプチン濃度測定は、このホルモンの生理的役割の解明、および肥満における関与の態様を解明する上に有用な手段になると思われる。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用