患者様(一般の方)向け情報

カラダWebBookシリーズ 骨粗鬆症を予防する

コツ3 自分の骨を調べる

骨密度測定
骨密度測定とは骨の量を調べる検査で、骨密度減少による骨折の危険性を予測するためにとても役立ちます。
測定にはいろいろな方法があり、いずれも苦痛がなく短時間で安全に検査できます。

骨代謝マーカー測定
骨代謝マーカーとは骨代謝を反映する物質のことです。血中や尿に存在し、骨を破壊する物質、骨を形成する物質、代謝後の分解物などがあります。骨代謝マーカーの量を調べる検査を骨代謝マーカー測定と言います。骨代謝の状態を詳しく把握することができるため、適切な予防と治療計画を立てることができます。
少量の血液や尿で調べることができますので、定期的に検査を受けましょう。

骨粗鬆症を知る


臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用