患者様(一般の方)向け情報

アレルギー情報

主なアレルゲン

アレルゲン 解説 季節性 通年性
スギ 花粉症の代名詞。花粉量が多い上に抗原性が強い。 季節性
ヒノキ スギ花粉症の方の約6割が感作されていると言われている。 季節性
ハンノキ スギより少し飛散開始が早い。口腔アレルギーを引き起こし易い。 季節性
シラカンバ 北海道や高地に分布。口腔アレルギーを引き起こし易い。 季節性
コナラ 日本全土に分布。花粉量が多くスギより飛散時期が遅い。 季節性
イネ科(マルチ) ハルガヤ、カモガヤ、オオアワガエリを含む5種類を検査。
抗原性が強い。
季節性
タンポポ キク科のためヨモギやブタクサの雑草と共通抗原性がある。 季節性
鱗粉がアレルギーを引き起こす。屋外だけでなく屋内にも生息する。非常に抗原性が強く、注意が必要である。 季節性
ユスリカ(成虫) 排水溝や河畔などに大量発生する。
死骸の粉砕物がアレルギーを引き起こす。
季節性
ハウスダスト1 主にダニが主成分で、他にペット、ゴキブリ、カビから成る。 通年性
ヤケヒョウダニ 喘息などアレルギーの原因として最も頻度が高い。
糞や死骸が症状の引き金に。
通年性
カビ(マルチ) カンジダ、アルテルナリア、アスペルギルスを含む6種類を検査。 通年性
動物上皮(マルチ) フケが症状を引き起こす。ネコ、イヌを含む5種類を検査。 通年性

アレルゲンカレンダー



臨床検査 | 診断薬・機器 | 治験・非臨床事業・化学品試験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌
会社概要 | 品質・環境 | 採用