• English
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

治験

tel

薬効評価

薬効評価のためのバイオマーカー測定および測定法の開発

各種薬剤に対するバイオマーカーを測定します。
これまでに糖尿病関連項目としてGLP-1、GIP、DPP-IV活性、循環器系疾患関連項目としてCETP濃度・活性、アンジオテンシン、腎障害関連項目としてGST、KIM-1、FGF-23、炎症性疾患関連項目として各種サイトカイン・ケモカイン、リンパ球サブセット等を以下の測定技術を用いて測定しております。

詳細はこちら
  • Cell base assay:リンパ球刺激試験、ELISpot Assay等
    詳細はこちら
  • EIA法:キットを用いたバイオマーカー測定
    詳細はこちら
  • Meso Scale Discovery (MSD)社製のMultiplex assay (Electrochemiluminescence: ECL) 、Gyros社製のGyrolab xPを用いて、標準物質、抗体を組み合わせた測定系の構築・測定
    「ECL」の詳細はこちら 「Gyrolab Xp」の詳細はこちら
  • 表面プラズモン共鳴(SPR):主にBiacore T-100を用いて標的分子に対する親和性測定やアイソタイピング等
    詳細はこちら
  • フローサイトメトリー:細胞表面マーカーおよび細胞内サイトカインの検出・測定
    詳細はこちら
  • 電気泳動法:SDS-PAGE、Western Blotting、等
Biacore T-100
Biacore T-100
フローサイトメトリー
フローサイトメトリー

蛋白製剤の薬物濃度測定

Gyrolab Xp
Gyrolab Xp
MSD ECL
MSD ECL

サイトカイン測定

キットを使用して各生物種のサイトカイン・ケモカインを多項目・同時測定します。
ヒトでは最大27種類、げっ歯類では23または9種類のサイトカインを僅か50 uLの試料(血清、血漿など)から測定できます。弊社ではバイオ・ラッド社製のBioPlexシステム、Meso Scale Discovery (MSD)社製のECLを導入しています。カスタム測定についてはお問い合わせ下さい。

詳細はこちら
Bio Plex システム
Bio Plex システム

上に戻る

お問い合わせ