• English
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

治験

tel

TK/PK

TK/PK試験

豊富な経験に基づき、医薬品開発のスピードアップを支援。 LC/MS/MS法、または、イムノアッセイ法にて、最新の機器を用いて、GLP適合施設にて各種測定を行うとともに、年間100以上の測定法のバリデーションを実施しています。

分析方法開発

薬物の構造あるいは試験委託者から開示いただいた情報から、LC/MS/MS法、または、イムノアッセイ法を用いて低分子医薬品、核酸医薬品、抗体医薬ならびに抗抗体の測定系を立ち上げています。サンプルの前処理方法、機器の分析条件等について検討します。

分析方法バリデーション

開発された測定法について国内外のガイドラインに従い、バリデーションを実施します。実際の臨床試験を想定して、血液中の安定性等、さまざまな条件検討も実施しています。

生体内試料中濃度分析

検証された測定法に従い、GLPに準拠して測定を実施します。
トキシコキネティクス試験に関しては、 試験研究センターにおいて、毒性試験と同一のGLP体制の下に実施することもできます。
これまで各種動物での豊富な経験を有しております。

マルチサイト対応

医薬品分析センター(志村事業所)、試験研究センター(鹿島研究所、熊本研究所)、いずれの場所におきましてもマルチサイトに対応可能なGLP体制となっております。

各種薬剤に対する薬効評価パラメータの測定、蛋白製剤の薬物濃度測定を実施しております。

詳細はこちら

上に戻る

お問い合わせ