• English
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

非臨床事業

tel

安全性薬理試験

LSIメディエンスでは、医薬品、再生医療等製品、農薬、動物用医薬品などの安全性薬理試験が各種GLP/ガイドライン下で可能です。動物実験担当者の多くは実験動物1,2級技術者や安研協認定技術者の資格を有しており、豊富な経験に基づく信頼性の高い技術と、迅速かつ詳細な解析能力を有しています。

受託業務のご紹介

  • 1.医薬品の安全性薬理試験

    • 1.1安全性薬理コアバッテリー
      • 中枢神経系

        • 1一般状態および行動に及ぼす作用(Irwin法/FOB)

        • 2自発運動量に及ぼす作用

        • 3体温に及ぼす作用

      • 心血管系

        • 1覚醒無拘束下での血圧、心拍数、心電図に及ぼす作用(テレメトリー法)

        • 2Ikr電流に及ぼす作用(ホールセル・パッチクランプ法;hERG導入細胞)

        • 3心筋活動電位に及ぼす作用(微小電極法;摘出乳頭筋)

      • 呼吸系

        • 1覚醒無拘束下での呼吸数および換気量に及ぼす作用
          (Whole Body Plethysmograph法)

        • 2覚醒無拘束下での呼吸数および血液ガス分圧に及ぼす作用

          ※再生医療等製品の安全性薬理試験に対応するため,NOGマウス,NOD SCIDマウスを用いた中枢神経系評価(Irwin法),血圧及び心拍数評価(テールカフ法)及び呼吸機能測定(Whole Body Plethysmograph法)の実施が可能です。

    • 1.2フォローアップ試験
      • 中枢神経系

        • 1学習・記憶(受動的回避反応,Morris水迷路)

        • 2筋協調性に及ぼす作用(Rota-Rod法)

        • 3麻酔に及ぼす作用(チオペンタール誘発睡眠,ペントバルビタール誘発睡眠)

        • 4痙攣協力および抑制作用
          (電撃痙攣、ペンテトラゾール誘発痙攣)

        • 5痛覚に及ぼす作用
          (テールフリック、テールピンチ、ランダルセリット法、酢酸ライジング法)

        • 6筋弛緩(懸垂、傾斜板法)

      • 心血管系

        • 1麻酔下での血圧、心拍数、心電図に及ぼす作用

        • 2覚醒イヌ又はサルを用いた左心室内圧測定(テレメトリー法)

        • 3テレメトリー法を用いた薬物誘発起立性低血圧の評価

    • 1.3補足的安全性薬理試験
      • 腎泌尿器系

        • 1尿量および尿中電解質濃度に及ぼす作用

      • 自律神経系

        • 1腸管内輸送能に及ぼす作用

        • 2摘出回腸自動運動能に及ぼす作用

        • 3胃液および唾液分泌に及ぼす作用

        • 4胃・十二指腸粘膜に及ぼす作用

        • 5消化管運動に及ぼす作用(テレメトリー法)

        • 6胃pHに及ぼす作用

        • 7胃排出能に及ぼす作用

      • 血液系

        • 1溶血作用

        • 2血小板凝集に及ぼす作用(ADP誘発、コラーゲン誘発)

        • 3血液凝固(PT、APPT,出血時間)

      • 体性神経系

        • 1骨格筋(坐骨神経-腓腹筋腱反射,摘出横隔膜試験等)

        • 2局所麻酔(角膜反射、皮膚反射)

      • 他の器官系

        • 1血管、気管、輸精管、子宮、回腸、横隔膜に及ぼす作用(摘出器官)

  • 2.農薬の作用機序解明試験

    • 2.1症状観察

    • 2.2中枢神経系

    • 2.3呼吸・循環器系

    • 2.4腎機能

    • 2.5自律神経系

    • 2.6骨格筋

    • 2.7血液系

    • 2.8消化器系

Copyright © LSI Medience Corporation. All Rights Reserved.

上に戻る

お問い合わせ

医薬品・農薬・化学物質等開発にかかるクライアント様への試験情報を提供しております。
一般の方に対する情報提供ではないことをご了承ください。

上記に同意してダウンロード