イムノアッセイ関連試験および抗体作製

お知らせ

LSIメディエンスの非臨床事業は2021年1月1日からグループの新設会社であるLSIM安全科学研究所に移管いたしました。

LSIM安全科学研究所のホームページはこちら

LSIメディエンスグループのLSIM安全科学研究所では、抗体作製やRIA、ELISAなどのイムノアッセイ系の開発に豊富な経験を持ち、バイオ医薬品(ペプチド医薬、抗体医薬を含む)の濃度測定・分析を行います。様々なバイオマーカーの測定に幅広い実績を有し、薬剤の毒性、有効性の解明に貢献いたします。

また、ポリクローナル抗体およびモノクローナル抗体の生産、作製した抗体の精製・標識が受託可能です。抗体を用いた測定システムの開発など高度な知識・技術を要する分野にも実績があります。ビアコアを用いた抗体の親和性解析、バイオ医薬品に対する抗体の定量なども実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受託業務のご紹介

1.イムノアッセイ法によるTK・PK測定、抗体測定

  • 1.1

    イムノアッセイ法の開発(ELISA、RIA)

    バイオ医薬品の血中濃度測定は、イムノアッセイ法で実施されるのが一般的です。
    抗体を取扱うimmunochemistry技術、長年のイムノアッセイ測定の経験をもとに、バイオ医薬品の開発において質の高いサービスを提供いたします。

  • 1.2

    イムノアッセイ法でのTK測定・PK測定のバリデーション、検体測定(GLP、信頼性基準への対応可)

    ヒトや動物に投与されたバイオ医薬品に対する抗体の検出・分析を実施しています。

  • 1.3

    バイオ医薬品に対する抗体の測定(ELISA、RIP、BIACORE、生物活性)

    バイオ医薬品で必要な、動物やヒトに投与した際にバイオ医薬品自身に対する抗体の出現をモニターすることができます。

2.抗体作製

  • 2.1

    抗体の作製・バルク生産

    モノクローナル抗体(免疫および抗体価測定、細胞融合・クローニング、ハイブリドーマの確立、培養上清およびマウス腹水作製等)

    ポリクローナル抗体(免疫用抗原の合成および精製、抗原のコンジュゲート、動物への免疫、抗体価測定等)

  • 2.2

    抗体の精製・修飾・標識

    精製(Protein A、硫安分画、イオン交換クロマトグラフィー)

    フラグメント作製(F(ab’)2、Fab’)

    標識(HRP、ALP、蛍光色素)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は、こちらより入手可能です(アドビ社より無償提供)。

ページトップへ