非臨床事業

tel

薬効薬理試験

LSIメディエンスでは、医薬品の薬効薬理試験で使用する多様な病態モデルを応用した受託サービスをご提供しております。病態モデルについては新旧を問わず、中枢、疼痛、感染症、循環器系、呼吸器系、腎泌尿器系、免疫系、血液系、炎症、アレルギー、消化器系、皮膚、糖・脂質代謝系、がん、および in vitro薬効試験等、幅広い分野の試験を受託しており、特に炎症・線維化・自己免疫疾患に関係した有効性評価の需要が高まってきております。また、手術を要する薬効試験を得意としており、コンベンショナル動物、遺伝子改変動物およびミュータント動物を用いた試験の経験が豊富です。

近年、再生医療等製品の有効性評価に対するお問い合わせが増加しており、骨髄・脂肪由来幹細胞または iPS細胞由来心筋細胞等を用い、肝炎、脳梗塞、心筋梗塞、下肢虚血、関節炎または泌尿器系等に関連した受託実績があり、その他の試験種についてもお客様とご相談の上、取り組んでいます。

LSIメディエンスでは、これまで抗腫瘍試験を中心とした免疫不全動物の取り扱い実績が豊富であることから、新たに「免疫不全動物を用いた再生医療等製品の有効性評価系の検討(心筋梗塞、肝炎、脳梗塞等)」を進めております。従来の方法では治療が困難であった疾患に対して、再生医療等製品の開発という新たな取り組みをされていくお客様の多様なニーズに今後ともお応えしていきますので、お気軽にお問い合わせください。

医薬品・農薬・化学物質等開発にかかるクライアント様への試験情報を提供しております。本PDFを開くためにはパスワードが必要です。なお、競合企業及びフリーメールアドレスからのご要望にはお応えできません。何卒ご了承ください。閲覧をご希望の場合はこちらから必要事項、■お問い合わせ事項/ご意見欄に「薬効薬理のパスワード希望」とご記入の上、お問合わせください。

受託業務のご紹介

  • 1.中枢神経系

    • 1.1疼痛(侵害)
      • 1.1.1神経因性疼痛
        • -Bennett(足底熱刺激、足底機械刺激、冷感刺激)

        • -Chung(足底機械刺激、足底熱刺激)

        • -Selzter(足底機械刺激、足底熱刺激)

        神経因性疼痛は物理的傷害による末梢・中枢神経の障害や、機能的障害によって発症する慢性疼痛疾患です。弊社はBennett、ChungおよびSelzterモデルの豊富な経験があり、安定したモデルの作製が可能です。

      • 1.1.2ストレプトゾトシン(STZ)誘発疼痛過敏(足底機械刺激)

        糖尿病性の神経障害は糖尿病合併症の一つであり、三大合併症の中で最も早期に発症します。ストレプトゾトシン(STZ)の投与によりT型糖尿病を誘発し、疼痛過敏を評価します。

      • 1.1.3アジュバント誘発疼痛過敏(ランダルセリット法)

        アジュバント誘発モデルは全身性の炎症による痛みを対象としたモデルです。疼痛または抗炎症薬のスクリーニングや評価に汎用されています。

      • 1.1.4カラゲニン誘発疼痛過敏(ランダルセリット法)

        カラゲニン誘発モデルは浮腫による痛みを対象としたモデルです。疼痛または抗炎症薬のスクリーニングや評価に汎用されています。

      • 1.1.5抗がん剤誘発疼痛過敏(足底機械刺激、冷感刺激)

        パクリタキセルなどのタキサン製剤、ビンクリスチンなどのビンカアルカロイド製剤、シスプラチンやオキサリプラチンなどの白金錯体製剤では、高頻度に末梢神経障害による副作用(しびれや感覚障害や痛み)が発現します。

      • 1.1.6がん性疼痛(転移性骨腫瘍)

        がん性疼痛は患者のQOL(Quality of Life)を著しく損なうことから、がん性疼痛に対し適切な管理が求められています。弊社はラット乳がん細胞株MRMT-1を同系ラットの脛骨内に移植する骨転移モデルを用いて、がん性疼痛を評価します。

      • 1.1.7低温やけどの疼痛過敏

        • -カプサイシン誘発モデル(足底機械刺激)

        • -熱板誘発モデル(足底機械刺激)

        • -UVB誘発モデル(足底機械刺激、足底熱刺激)

      • 1.1.8術後痛モデル(足底機械刺激)

      • 1.1.9変形性関節症(MIA誘発、後肢の重量配分、足底機械刺激、熱刺激)

        変形性関節症(OA: Osteoarthritis)は関節の軟骨の変性および消失を特徴とする疾患であり、骨・関節の疾患の中で最も発症頻度の高い生活習慣病の一つです。弊社はモノヨード酢酸ナトリウム塩(MIA)を膝関節腔内に投与して惹起されるOAモデルを保有しています。

      • 1.1.10寒冷ストレスモデル(線維筋痛症モデル、足底機械刺激)

        線維筋痛症は原因不明の全身の疼痛(wide-spread pain)を主症状とし、不眠、うつ病などの精神神経症状、過敏性大腸症候群、過活動性膀胱炎などの自律神経系の症状を副症状とする病気です。寒冷ストレスモデルは線維筋痛症モデルとして汎用されています。

    • 1.2学習・記憶
      • 1.2.1スコポラミン誘発(健忘)

        レバーを設置したオペラント実験箱に動物を収容し、レバーを押して報酬(錠剤型飼料)を得ることを学習させます。この行動を利用して短期記憶、注意機能、摂食欲求など多様な行動に対する薬の効果を検討することが可能です。

      • 1.2.2前脳基底核破壊

      • 1.2.3四血管閉塞

    • 1.3不安
    • 1.4てんかん
      • 1.4.1Sherrington型(後肢)

      • 1.4.2虚血性(前肢)

      • 1.4.3カイニン酸誘発モデル

        カイニン酸誘発てんかんモデルは、グルタミン酸神経系を強く興奮させるカイニン酸を腹腔内投与することにより、てんかん様症状が数時間にわたって間欠的に持続するけいれん発作重積状態を示すモデルです。

    • 1.5脳虚血
      • 1.5.1一過性中大脳動脈閉塞(栓子法)

        中大脳動脈(MCA)を閉塞したラット脳虚血モデル(一過性MCA閉塞)を用いて、脳梗塞巣体積、神経症状またはロータロッド試験を指標に薬の薬効を検討します。弊社には豊富な経験があり、安定したモデル作製が可能です。

    • 1.6行動・運動機能
      • 1.6.1メタンフェタミン誘発(統合失調症)

      • 1.6.2アルコール誘発運動障害

    • 1.7うつモデル
      • 1.7.1強制水泳法(不動時間)

        動物を水中で遊泳させた場合(強制水泳)の無動時間を指標として、薬の抗うつ様効果を評価します。強制水泳試験は原法に依拠しつつ、当社の実験環境に適合した条件を作出したものであり、豊富な観察経験を有しています。

      • 1.7.2テールサスペンションテスト(不動時間)

        動物の尾を固定して吊り下げた場合(尾懸垂)の無動時間を指標として、薬の抗うつ様効果を評価します。マウスの系統差によるうつ様行動や薬物感受性について検討した背景データを有しています。

      • 1.7.3セロトニン誘発首振り運動(Head Twitch法)

      • 1.7.4レセルピン誘発低体温

    • 1.8抗疲労
      • 1.8.1強制水泳

      • 1.8.2トレッドミル負荷

    • 1.9パーキンソン病
      • 1.9.16-hydroxydopamine(6-OHDA)誘発パーキンソン病モデル

    • 1.10ストレス
      • 1.10.1長期個別飼育ストレス(睡眠延長・鎮痛)

    • 1.11歩行障害
      • 1.11.1大腿動脈結紮

      • 1.11.2シリコン片馬尾神経圧迫

    • 1.12筋弛緩
      • 1.12.1腓腹筋の腱反射(神経刺激)

      • 1.12.2ひらめ筋の腱反射(神経刺激)

      • 1.12.3摘出横隔膜標本の収縮(神経刺激、筋肉刺激)

    • 1.13筋萎縮性側索硬化症(ALS)
      • 1.13.1ALSモデルを用いた試験

        ※動物の入手には事前協議必要

  • 2.感染症

    弊社はバイオセーフティレベル(BSL)2の動物飼育区域を有しており、BSL2までのウイルス、細菌などの感染実験が対応可能です。インフルエンザウイルスおよび黄色ブドウ球菌(MRSA含む)の受託試験の実施体制を整えております。また、弊社の治験センターが所有している臨床分離株の使用も可能です。

  • 3.循環器系

  • 4.呼吸器系

    • 4.1咳嗽
      • 4.1.1クエン酸またはカプサイシン誘発

    • 4.2喘息
      • 4.2.1アルコール誘発喘息

    • 4.3結膜炎

      アレルギー性結膜炎では、花粉症などの抗原によるアレルギー反応により、かゆみ、結膜の腫脹、目やになどの分泌物が生じます。弊社はDNP-Ascaris、OVAおよびブタクサなどのアレルゲンを用いた抗原抗体反応によるモデルを有しています。

      • 4.3.1OVA誘発(アレルギー性)結膜炎

      • 4.3.2DNP-アスカリス誘発(アレルギー性)結膜炎

      • 4.3.3ブタクサ花粉誘発(アレルギー性)結膜炎

    • 4.4急性肺疾患
      • 4.4.1リポポリサッカライド(LPS)曝露(急性)

        急性呼吸窮迫症候群(ARDS)は、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種です。特に発症前後の状態を急性肺傷害と呼びます。リポポリサッカライド(LPS)を吸入させることで急性肺炎症モデルを作製します。

    • 4.5去痰
      • 4.5.1フェノールレッド分泌モデル

    • 4.6肺線維化
      • 4.6.1ブレオマイシン誘発

        特発性肺線維症は肺の高度な線維化を主体とした、拘束性換気障害をきたす肺疾患です。ステロイドや免疫抑制薬に対する反応性が悪く予後不良です。弊社はブレオマイシンの肺線維化作用を用いて肺線維症モデルを作製します。

  • 5.腎泌尿器系

    • 5.1腎炎
      • 5.1.1自然発症糖尿病モデル

      • 5.1.2ストレプトゾトシン(STZ)誘発Ⅰ型糖尿病性腎症モデル

      • 5.1.3全身性エリテマトーデス(SLE)モデル

        全身性エリテマトーデス(SLE)は、全身の臓器に原因不明の炎症が起こる自己免疫疾患の一種であり、膠原病の1つとして分類されています。MRL/lprマウスおよびNZBWF1マウスは共にSLE様のループス腎炎を自然発症することで知られており、SLEモデルとして汎用されています。

      • 5.1.45/6腎摘出

      • 5.1.55/6腎動脈結紮

      • 5.1.6アデニン腎不全

    • 5.2排尿・結石

      排尿障害モデルとして、過活動膀胱モデル(OAB:脳梗塞誘発)、間質性膀胱炎モデル(IC:塩酸、シクロフォスファミド、酢酸誘発)、下部尿路障害モデル[LUTS:前立腺肥大(BPH)]、腹圧性尿失禁(SUI)および脊髄損傷モデルがあります。評価法としては、膀胱内圧を測定可能なシストメトリー法と自然排尿により尿流動態を測定するウロフロメトリー法があります。弊社開発の排尿機能測定システムを用いて、継時的に微量排尿の尿流動態の測定が可能です。

      • 5.2.1過活動膀胱

      • 5.2.2脊髄損傷排尿障害

      • 5.2.3間質性膀胱炎(塩酸、シクロフォスファミド、酢酸誘発)

      • 5.2.4下部尿路障害(前立腺肥大症)

      • 5.2.5腹圧性尿失禁

      • 5.2.6膀胱結石(エチレングリコール飲水/アルファロール経口)

    • 5.3膀胱痛
      • 5.3.1間質性膀胱炎(酢酸誘発)

  • 6.免疫系(免疫制御)

      • 6.1.1抗原感作 -抗体産生-

      • 6.1.2全身性エリテマトーデス(SLE)モデル

        全身性エリテマトーデス(SLE)は、全身の臓器に原因不明の炎症が起こる自己免疫疾患の一種であり、膠原病の1つとして分類されています。MRL/lprマウスおよびNZBWF1マウスは共にSLE様のループス腎炎を自然発症することで知られており、SLEモデルとして汎用されています。

      • 6.1.3乾癬モデル

      • 6.1.4慢性GVHDモデル

  • 7.血液系

      • 7.1.1鉄欠乏性貧血(瀉血)

      • 7.1.2in vitro 血小板凝集試験

        血小板凝集作用は血液凝固のために重要な機能ですが、血栓などを発生させることで脳疾患や心疾患など重篤な状態を誘発させる場合があります。血小板凝集試験は血小板凝固薬などの評価に汎用されています。

  • 8.炎症・アレルギー

    • 8.1炎症・浮腫
      • 8.1.1カラゲニン誘発浮腫

        カラゲニン誘発モデルは浮腫による痛みを対象としたモデルです。疼痛または抗炎症薬のスクリーニングや評価に汎用されています。

      • 8.1.2ヒスタミン血管透過性

      • 8.1.3セロトニン血管透過性

      • 8.1.4イースト疼痛

      • 8.1.5クロトン油耳浮腫

      • 8.1.6アジュバント関節炎

        アジュバント誘発モデルは全身性の炎症による痛みを対象としたモデルです。疼痛または抗炎症薬のスクリーニングや評価に汎用されています。

      • 8.1.7U型コラーゲン誘発関節炎

        関節リウマチ(RA)は免疫機能異常状態を基礎とする慢性炎症性疾患であり、多発する関節炎と急速に進行する関節破壊等の関節症状を主症状としています。U型コラーゲンで免疫して関節炎を誘導する本モデルは、関節炎モデルとして汎用されています。

      • 8.1.8変形性関節症(MIA誘発、後肢の重量配分、足底機械刺激)

        変形性関節症(OA: Osteoarthritis)は関節の軟骨の変性および消失を特徴とする疾患であり、骨・関節の疾患の中で最も発症頻度の高い生活習慣病の一つです。弊社はモノヨード酢酸ナトリウム塩(MIA)を膝関節腔内に投与して惹起されるOAモデルを保有しています。

      • 8.1.9紫外線紅斑

      • 8.1.10Compound 48/80浮腫

      • 8.1.11ヒスタミン浮腫

      • 8.1.12アトピー様自然発症皮膚炎

        アトピー性皮膚炎などで観察される掻痒はQOL(Quality of Life)を著しく低下させます。弊社はコンベンショナル飼育環境を維持しており、NCマウスをコンベンショナル環境下で飼育することにより、アトピー性皮膚炎を自然発症する病態モデルを有しています。

      • 8.1.13癒着(子宮角、腸管–腹壁)

      • 8.1.14打撲浮腫(足容積)

      • 8.1.15アレルギー性脳脊髄炎(EAE)モデル(スコア評価)

        実験的自己免疫性脳髄炎(Experimental autoimmune encephalomyelitis:EAE)は、中枢神経組織由来の蛋白質抗原やペプチドを免疫することで誘導される自己免疫モデルであり、多発性硬化症(Multiple Sclerosis:MS)と病態症状が類似していることから、MSの研究等に使用されています。弊社は再発・寛解型モデル(SJLマウス)および慢性型(C57BLマウス)の2種類のモデルを有しています。

      • 8.1.16肉芽浮腫(綿球法)

      • 8.1.17酢酸誘発口腔粘膜血管透過性

    • 8.2アレルギー反応

      アレルギーは免疫反応に基づく重要な生体反応です。IgEを介するI型アレルギー、細胞傷害型ないしは細胞融解型のU型、免疫複合体型またはArthus型と呼ばれるV型、細胞性免疫であるW型アレルギーがあります。我々はT型のモデルとして受身皮膚アナフィラキシー(PCA)、U型のモデルとして逆受身皮膚アナフィラキシー(RCA)、V型のモデルとしてArthus反応、W型として遅延型反応(DTH)を有しており、それぞれ抗アレルギー薬のスクリーニングに使用可能です。

      • 8.2.1全身性アナフィラキシー(ASA)I型

      • 8.2.2受身皮膚アナフィラキシー(PCA)I型

      • 8.2.3逆受身皮膚アナフィラキシー(RCA)III型

      • 8.2.4Arthus反応 III型

      • 8.2.5遅延型反応(DTH)IV型
      • 8.2.6Compound 48/80ヒスタミン遊離

      • 8.2.7Schultz-Dale反応(摘出気管/摘出回腸)

      • 8.2.8掻痒反応(SubstanceP誘発/皮膚炎自然発症)

        掻痒はさまざまな要因で惹起される耐え難い衝動です。弊社は化学物質誘発による掻痒行動モデルを有しています。化学物質で惹起された掻痒行動を、掻痒行動システムを用いて客観的に評価します。

  • 9.消化器系

    • 9.1消化性潰瘍
      • 9.1.1幽門結紮胃潰瘍

      • 9.1.2アスピリン胃潰瘍

      • 9.1.3インドメタシン胃潰瘍

      • 9.1.4水浸拘束ストレス性胃潰瘍

      • 9.1.5トリニトロベンゼンスルフォン酸Na(TNBS)誘発大腸炎

        クローン病は主として口腔から肛門までの全消化管に非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる炎症性疾患です。TNBS誘発大腸炎モデルはクローン病のモデルとして汎用されています。

      • 9.1.6デキストラン硫酸Na(DSS)誘発大腸炎

        潰瘍性大腸炎は主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる非特異性炎症性疾患です。DSS誘発大腸炎モデルは潰瘍性大腸炎のモデルとして汎用されています。

    • 9.2消化管運動
      • 9.2.1テレメトリー法による無麻酔・無拘束消化管運動測定

    • 9.3下痢
      • 9.3.1小腸切除下痢

      • 9.3.2経腸輸液高速注入負荷下痢

      • 9.3.3排便(浣腸作用)

    • 9.4便秘
      • 9.4.1低繊維食誘発

      • 9.4.2モルヒネ(又はジヒドロコデイン)誘発

    • 9.5小腸閉塞モデル
      • 9.5.1空腸結紮法

    • 9.6逆流性食道炎モデル
      • 9.6.1胃結紮法

    • 9.7肝障害
      • 9.7.1チオアセトアミド誘発肝線維化

      • 9.7.2D-ガラクトサミン誘発

      • 9.7.3コンカナバリンA(ConA)誘発

      • 9.7.4非アルコール性(NASH)

        非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は飲酒歴がないのにも関わらず、アルコール性脂肪肝炎に似た慢性肝障害を生じる病態です。弊社は独自に開発した肝線維化および高脂血症を伴うNASHモデルを有しています。

      • 9.7.5四塩化炭素誘発(短期、慢性期)

  • 10.皮膚

  • 11.糖・脂質代謝系

    • 11.1糖尿病・肥満
      • 11.1.11型および2型糖尿

        病糖尿病は神経障害、腎症、白内障などの合併症を引き起こします。血糖値をコントロールすることは合併症の発症を制御する上で重要です。弊社はストレプトゾトシン(STZ)で誘発される1型糖尿病、ZDF、GKラット、db/db、KK-Ayマウスなどに代表される2型糖尿病モデルの経験を有しており、様々な系統に対応可能です。

      • 11.1.2高カロリー食負荷

        肥満は摂餌エネルギーと消費エネルギーのアンバランスを特徴とするエネルギー代謝異常であり、多くの生活習慣病の原因の一つです。弊社は高脂肪食負荷させる肥満モデル(食餌誘導性肥満:Diet-Induced Obesity:DIO)を有しています。

      • 11.1.3スクロース負荷(糖質の消化吸収抑制)

      • 11.1.4呼吸代謝測定

        メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖、脂質異常、高血圧が引き起こされる状態で、それぞれが重複した場合は命にかかわる病気を招く場合もあります。食生活の改善や運動などによる予防・改善が重要ですが、治療薬の開発も盛んに行われています。呼吸代謝の測定によって得られる呼吸商やエネルギー消費量は抗肥満効果を知ることができる重要な指標です。

    • 11.2高脂血症・動脈硬化
      • 11.2.1自然発症

      • 11.2.2高コレステロール食負荷

      • 11.2.3コーンオイルエマルジョン負荷(脂質の消化吸収抑制)

  • 12.がん(担がん)

    各種ヒト、マウスおよびラットがん細胞株を移植した担がん動物を作製し、薬の抗腫瘍効果を評価します。バイオセーフティレベル(BSL)2の細胞株の使用が可能です。移植部位は皮下、腹腔内および同所(脳内、胃、膵臓、子宮、前立腺等)が可能です。免疫不全動物として、ヌードマウス、ヌードラット、SCIDマウス、NOD SCIDマウス及びNOGマウス等の経験を有しています。

    • 12.1ヒト腫瘍細胞株皮下移植・腹腔内移植・同所移植

    • 12.2マウス腫瘍細胞株皮下移植・腹腔内移植・同所移植

    • 12.3ラット腫瘍細胞株皮下移植

    • 12.4転移 -肺転移、肝転移

      血行性肺転移モデル、自然肺転移モデル、経脾肝転移モデルなどの実績があります。ヒト大腸がん細胞株HT-29を用いた経脾肝転移モデルは、自然転移モデルと比較して再現性に優れています。

    • 12.5ウサギVX2がん移植 -肝、腎、脾、胃、腸、筋、皮下

      ウサギVX2がんは主に肝臓がんのモデルとして使用されています。投与はヒトの血管造影法に準じた固有肝動脈への動脈内投与により行います。腫瘍の大きさ、病理解析およびエコー観察による評価が可能です。

    • 12.6ウサギVX2がん転移 -肺、肝、脳

  • 13.In vitro

    • 13.1.1In vitro抗腫瘍試験(各種細胞)

      各細胞バンクから入手したがん細胞株などを用いて、薬の抗腫瘍効果を評価します。60以上の細胞株の使用経験があります。細胞生存率が50%となる濃度(IC50)等にて評価します。Cell Counting Kit-8やCell Titer Gloなど種々の検出法(比色法、蛍光法、発光法)による評価が可能です。

    • 13.1.2クロット溶解試験(各種動物血液)

    • 13.1.3初代細胞を用いる細胞傷害性試験(肝実質・副腎皮質・神経細胞)

      初代細胞を用いて薬の細胞傷害性を細胞逸脱酵素や細胞生存率をもとに評価します。肝実質細胞(ラット、イヌ、サル)、副腎皮質細胞(ラット、モルモット、イヌ、サル)、神経細胞(ラット)、シュワン細胞(ラット)、ライディッヒ細胞(ラット)の経験があります。

    • 13.1.4血小板凝集試験(各種凝集素)
    • 13.1.5ADCC(Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity:抗体依存性細胞傷害)活性測定

      抗体に依存した細胞傷害活性を応用した抗体医薬が数多く開発されています。その活性を評価する方法として抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性測定が知られています。弊社ではサルまたはヒトの末梢血単核球細胞(PBMC)をエフェクター細胞として用いた経験を多数有しています。

    • 13.1.6CDC(Complement-Dependent Cytotoxicity:補体依存性細胞傷害)活性測定(各種細胞)

      補体に依存した細胞傷害活性を応用した抗体医薬が数多く開発されています。その活性を評価する方法として補体依存性細胞傷害(CDC)活性測定が知られています。弊社では市販のヒトおよびウサギ補体を用いた経験を有しています。

    • 13.1.7遺伝子発現解析

      測定法:リアルタイムPCR測定法

    • 13.1.8細胞表面マーカー発現解析

      測定法:フローサイトメトリー法

  • 14.その他(In vivo)

    • 14.1.1育毛

    • 14.1.2シスプラチン誘発嘔吐

get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は、こちらより入手可能です(アドビ社より無償提供)。

医薬品・農薬・化学物質等開発にかかるクライアント様への試験情報を提供しております。本PDFを開くためにはパスワードが必要です。
なお、競合企業及びフリーメールアドレスからのご要望にはお応えできません。何卒ご了承ください。

上に戻る

お問い合わせ

医薬品・農薬・化学物質等開発にかかるクライアント様への試験情報を提供しております。本PDFを開くためにはパスワードが必要です。なお、競合企業及びフリーメールアドレスからのご要望にはお応えできません。何卒ご了承ください。
一般の方に対する情報提供ではないことをご了承ください。

上記に同意してダウンロード