非臨床事業

tel

病理組織学的検査

LSIメディエンスでは、病理学的検査は日本毒性病理学会認定病理専門家、日本獣医病理学会認定病理専門家の資格を有するPathologistが実施しております。また、実験病理組織技術認定士を有する標本作製者が多数在籍しており、HE染色標本作製を始め,各種の特殊染色や免疫染色の作製をご要望に応じ、実施しております。当社ではラット、マウス、モルモット、ウサギ、イヌ、サル、ミニブタなどを使用した各種安全性試験、薬効薬理試験などを実施しており、いずれの動物種の病理学的検査も豊富な経験と知識を有するPathologistが実施しております。また、ご要望に応じ、ホルマリン固定標本受領からの病理組織学的検査の受託、標本作製のみの受託も行っております。豊富な経験と知識を有するPathologistと技術力の高い標本作製者を取り揃え、質の高い病理検査結果を提供しております。

受託業務のご紹介

  • 病理単独受託(湿標本受領〜鏡検まで受託)
  • 標本作製(湿標本受領〜標本作製受託まで)
  • 免疫染色実施

病理組織学的検査・受託業務の詳細はこちら

ホルモン・バイオマーカーの測定

LSIメディエンスでは、各種実験動物のホルモン・バイオマーカーなどのRIA法やEIA法を用いて測定します。測定施設は医薬品GLP適合施設であり、いずれの測定もGLP基準で実施することが可能です。 性ホルモン周期、日内変動、週齢変化などの背景データも保有しております。以下に記載されていない測定項目についてもお気軽にお問い合わせください。

受託業務のご紹介

  • 下垂体ホルモン(ACTH、LH、FSH、GH、プロラクチン、TSHなど)
  • 甲状腺ホルモン(T3、T4、PTH)
  • 副腎皮質ホルモン(コルチゾール、コルチコステロン、アルドステロンなど)
  • 性ホルモン(テストステロン、ジヒドロテストステロン、エストラジオール、プロゲステロンなど)
  • 腎機能マーカー(β2-マイクログロブリン、アルブミン)
  • 炎症・腫瘍マーカー(各種サイトカイン、エイコサノイドなど)
  • 貧血・出血関連マーカー(ヘモグロビン、トランスフェリン、フェリチンなど)
  • 骨代謝マーカー(オステオカルシン、尿中デオキシピリジノリンなど)
  • その他、免疫グロブリン、血圧・心機能関連マーカーなど
get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は、こちらより入手可能です(アドビ社より無償提供)。

上に戻る

お問い合わせ

医薬品・農薬・化学物質等開発にかかるクライアント様への試験情報を提供しております。
一般の方に対する情報提供ではないことをご了承ください。

上記に同意してダウンロード