臨床検査機器

診断薬・機器トップへ戻る

全自動臨床検査システム STACIA CN10


  • お問い合わせはこちらから

仕様

本体画像・設置例(俯瞰図)

届出番号 13B3X10041010001

一般的名称 血液凝固分析装置
販売名 全自動血液凝固検査システム STACIA CN10
方式 ディスクリートダブルライン フルランダムアクセス
測定原理 凝固時間測定法
ラテックス近赤外凝集法(LPIA法)
比色法(合成基質法)
免疫比濁法(TIA法)
処理能力 240テスト/h
フルランダムアクセス
同時測定項目 最大24項目
自動希釈再検機能 希釈倍率は変更可能
検出部 凝固時間測定法:20ポート
LPIA法、合成基質法、TIA法:41ポート
測定波長 凝固時間測定法:405nm、660nm
LPIA法、合成基質法、
TIA法:340、405、450、480、540、570、600、660、700、800nm
検体架設 最大80検体(10検体×8ラック)
搭載試薬本数 44本(保冷44本)
搭載キュベット 750個

構成

寸法 964(W)×768(D)×1200(H)mm
*PCは装置内に設置
重量 約290kg
電源、消費電力 AC100V、1.5KVA以下
周波数 50/60 Hz
使用環境 周囲温度:15〜30℃
相対湿度:15〜80%

●外観・仕様は改良のため予告なく変更することがあります。
●ご使用に際しては取扱説明書をご覧ください。
●使用目的又は効果、使用上の注意等については添付文書を参照してください。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用