臨床検査機器

診断薬・機器トップへ戻る

全自動臨床検査システム STACIA CN10


  • お問い合わせはこちらから
全自動臨床検査システム STACIA CN10

処理速度

フルランダムアクセス240テスト/h

LPIAテーブルと凝固テーブル、2つの反応テーブルが独立しているため、どの項目を組み合わせても処理速度は落ちません。

処理速度

さまざまなテストを組み合わせても、速度が落ちない!

オンボードデータ安定性

自動開閉キャップ保冷機能

試薬分注時に自動的に開閉する専用キャップで、濃縮・劣化を防止。試薬庫の保冷機能とともに、すぐれたオンボードデータ安定性を実現しました。

オンボードデータ安定性

4週間、試薬を載せたままでも安定! 

コンパクト

STACIAと比べて、設置面積1/2以下

設置面積はSTACIAと比べて46%と、省スペース。100V電源で使用できるのも特長です。

コンパクト

限られたスペースでも設置できる!

簡単操作

スマホ感覚のタッチパネル

見やすくわかりやすい画面デザインのタッチパネルを採用。スマホのようなフリック操作で、必要な情報をスムーズに呼び出せます。

簡単操作

簡単&手軽に使いこなせる!

凝固時間演算ポイント最適化

測定演算ポイントを自動で判断・変更。検査時間が短縮できます。

凝固時間演算ポイント最適化

キュベット攪拌機能

ディスポーザブルキュベットを採用し、ボルテックスミキシングによる非接触攪拌機能を搭載。測定信頼性が向上しました。

キュベット攪拌機能

ハンディバーコードリーダーを採用

検体検索の際も手入力が不要で、省力化を実現します。 ※ハンディバーコードリーダーは別売です。

ハンディバーコードリーダーを採用

循環式ラックサンプラー採用

再検時にはラックが自動で循環。再セットの手間が不要です。

循環式ラックサンプラー採用


臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用