食品微生物検査

多彩な検査項目で、食品内の病原微生物の有無を検査いたします。

食品の危害や品質劣化の大部分は"生物学的危害因子"、すなわち微生物によって惹き起こされています。したがって、常に食品の安全性を確保し、また、腐敗・変敗等を防止するには、原料および製品の定期的な検証が必要です。

取引先など外部に検査結果を提出する場合や賞味期限設定における保存試験品質管理を目的とした検査のほか、遺伝子レベルでの病原微生物の有無など各種試験方法を用意しております。

LSIメディエンスでは、お客様の検査目的に応じた各種試験方法と検査項目にて「食の安全」をサポート致します。

食品微生物検査

工場や店舗厨房における原料や製品につきましては、弊社担当者が直接出向いて指定商品等を収去あるいは郵送いただいたうえで、所定の微生物検査を実施いたします。

検査対象の商品等の収去に際しては、店舗の販売員の手間を避けるため、検査対象品を一般消費者と同様に一旦「購入」する形でお預かりすることも可能です。

検査材料 食品微生物検査
一般生菌数 大腸菌群 大腸菌 黄色ブドウ球菌 サルモネラ 腸炎ビブリオ セレウス菌 カンピロバクター 乳酸菌数 腸管出血性大腸菌 その他
給食献立  
弁当・惣菜・調理パン      
菓子パン                
食肉製品    
魚肉ねり製品              
生食用魚介類              
生卵およびその加工品            
豆腐類              
乳および乳製品            
野菜・果物          
種実類                    
和洋生菓子類          

外部精度管理

Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期
申し込み締切 5月下旬 6月下旬 10月下旬 1月中旬
受講票送付 お申込み後 随時 お申込み後 随時 お申込み後 随時 お申込み後 随時
サンプル発送 5月中旬 7月上旬 11月中旬 1月下旬
サンプル到着 5月中旬 7月上旬 11月中旬 1月下旬
結果返信締切 6月上旬 7月下旬 11月下旬 2月中旬
報告予定 7月上旬 9月中旬 12月下旬 3月中旬

※実施予定が変更になる事がございます。スケジュールの詳細はお問い合わせの上ご確認ください。
※試験サンプルは冷凍便、ヤマト運輸にて発送予定となります。

ページトップへ