遺伝子組み換え
作物分析

1. PCR法 定性分析

GMOが含まれているかどうかを判定します。

分析内容

GMO由来遺伝子の有無を判定します。この方法では、「どれだけ存在するか」までは報告されません。

報告形態

「GMO由来DNAが検出された」または「GMO由来DNAは検出されなかった」をご報告します。

2. PCR法 定量分析

GMOの混入率が数値にて把握できるため、時系列的な管理指標(ライン管理等)として利用が可能です。

分析内容

PCR法を駆使し、材料に含まれるGMOの割合を%で算出します。

報告形態

混入率(%)で表示します。

GMO分析

検査項目 必要量 検査日数
作物 大豆 300g以上 10~14
トウモロコシ
加工食品 豆腐
豆腐加工品 50g以上
凍り豆腐
おから
ゆば
調理用大豆 300g以上
枝豆 50g以上
大豆もやし
納豆 ※2
豆乳 ※1 50g以上
味噌 ※2
煮豆 50g以上
大豆缶詰 ※1 300g以上
きなこ
いり豆
コーンスナック菓子 ※1 50g以上
生食用トウモロコシ 300g以上
冷凍トウモロコシ
缶詰トウモロコシ ※1 50g以上
以上を主原料とする加工食品
大豆粉を主原料とする加工食品 ※2
植物蛋白が主原料の加工食品 50g以上
コーンフラワーが主原料の加工食品 ※2
コーングリッツが主原料の加工食品 50g以上

※1 ご提出の際は、未開封のものをご用意ください。
※2 必要量は製品により異なりますので、事前にご相談ください。

ページトップへ