食の安全サポート

食品理化学検査

2.食品添加物/抗菌性物質検査

食品添加物には食品の風味や外観、色合いを良くするための甘味料・着色料や、食品の保存性を良くする保存料・酸化防止剤などがあり、食品衛生法により使用できる食品や添加できる量が決められています。 また畜水産物に使用される抗生物質・合成抗菌剤などの動物用医薬品についても厳格な残留基準値が設定されています。

弊社では食品中の添加物や残留する抗生物質・合成抗菌剤の各種検査を実施いたします。
※残留農薬検査につきましては残留農薬検査のページをご覧ください。

食品添加物検査

検査項目

 検査項目 必要量 検査日数
着色料
合成着色料(酸性タール系色素)
200〜300g 10〜15
保存料
  安息香酸
  ソルビン酸
  デヒドロ酢酸
酸化防止剤
  BHA
  BHT
  ビタミンC
発色剤
  亜硝酸根
漂白剤
  二酸化硫黄
防ばい剤
  イマザリル
  オルトフェニルフェノール(OPP)
  チアベンダゾール
  ジフェニル

※上記以外の項目につきましても検査を行っております。詳細につきましてはお問合せください

高速液体クロマトグラフでの保存料の測定


ソルビン酸の測定クロマトグラム


対象食品

加工食品全般

検査方法

食品衛生検査指針等公定法に基づいた各種検査を行っております。

抗菌性物質検査

検査項目

検査項目 必要量 検査日数
抗菌性物質スクリーニング 100〜200g 10〜15
テトラサイクリン系抗生物質
  テトラサイクリン
  オキシテトラサイクリン
  クロルテトラサイクリン
合成抗菌剤
  サルファ剤
  キノロン系合成抗菌剤
  抗コクシジウム剤
ニトロフラン類
クロラムフェニコール

※1 項目、検体数によって期間が長くなる場合があります。
※2 上記以外の項目につきましても検査を行っております。詳細につきましてはお問合せください

対象食品

畜水産食品(生鮮品・加工品)

高速液体クロマトグラフ
-質量分析計

微生物法による検査例


検査方法

高速液体クロマトグラフ-質量分析法や微生物法などによる各種検査を行っております。


お問合せ先 / 資料請求先

依頼書はこちらからダウンロードできます:依頼書フォーム (PDF 74KB)

LSIメディエンス
〒 174-0051 東京都板橋区小豆沢 4-25-11
Tel 03-5994-2271 Fax 03-5994-2971

Mail お問い合わせは お願いします。lsim-food@nm.medience.co.jp

「食品理化学検査」TOPへ戻る



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用