食の安全サポート

食品微生物検査

外部に検査結果を提出する場合に最適

試験方法: 公定法

公定法は食品衛生法に則した検査方法です。

乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年12月27日 厚生省令第52号)や、食品、添加物等の規格基準(昭和34年12月28日厚生省告示第370号)で定義されている微生物試験方法です。また、食品衛生検査指針(2004年厚生労働省監修)に収載された方法を指す場合が一般的です。

検査項目 必要量 検査日数※
一般生菌数 50g/食材
ただし、複数項目実施の場合50g以上必要な場合があります。
また、クレーム品の場合はご相談下さい。
2〜4
大腸菌群 2〜5
黄色ブドウ球菌 2〜4
腸炎ビブリオ 2〜5
腸炎ビブリオ(MPN法) 2〜5
サルモネラ 3〜6
大腸菌 2〜5
大腸菌(MPN法) 2〜5
腸管出血性大腸菌O157 2〜5
セレウス 1〜2
耐熱性芽胞菌数 2〜4
乳酸菌数 3〜7
カビ数 7〜10
酵母数 3〜5
カンピロバクター 5〜10
リステリア 7〜10
ウエルシュ 2〜5
ボツリヌス 21〜24
緑膿菌 5〜7
病原性大腸菌 5〜7
エルシニア 14〜21
偏性嫌気性菌数 7〜10
黄色ブドウ球菌エンテロトキシン 5〜14
セレウスエンテロトキシン 5〜14
サルモネラ(LAMP法) 2〜3
ベロ毒素産生大腸菌(LAMP法) 2〜3
ベロ毒素遺伝子型別(LAMP法) 2〜3
無菌試験 1包装以上
ご提出の際は未開封のものをご用意下さい。
2〜4
恒温試験 14
レジオネラ属菌 500ml 10〜14
殺菌効果試験
保存試験(一般生菌数)

※ 検査日数は検査開始日からの日数です。 また、再試験を行う場合の日数は含まれません。
※ 詳細についてはお問い合わせ下さい。

[微生物検査報告書(例)]

お問合せ先 / 資料請求先

依頼書はこちらからダウンロードできます:依頼書フォーム (PDF 74KB)

LSIメディエンス
〒 174-0051 東京都板橋区小豆沢 4-25-11
Tel 03-5994-2271 Fax 03-5994-2971

Mail お問い合わせは お願いします。lsim-food@nm.medience.co.jp

「食品微生物検査」TOPへ戻る



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 食の安全 | ドーピング | 健康診断サポート | 電子カルテ | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用