全自動臨床検査システム STACIA®

FAQ

  • STACIAの設置条件を教えてください。
    使用する水はRO水です。なお、純水製造装置はオプションです。電源;AC200V、3KVA、環境温度;15-30℃、湿度;40 - 80%です。
  • 給排水に条件はありますか?
    給排水:給水は自動給水機をお勧めします。排水は、直接排水もしくはタンクにためての自動排水も可能です(純水装置はオプションです)。
  • メンテナンスの頻度はどの程度ですか?
    定期メンテナンスは年に1回です。詳細は弊社カスタマーサポート部にお問い合わせ下さい(フリーコール:0120-22-6254)。
  • ホストとの通信プロトコル等は?
    双方向通信のASTM規格(米国材料試験協会;American Society for Testing and Materials)です。
  • 制御システムの基本ソフトは何ですか?
    PCを利用しており、そのOSはMS-WindowsXPです。
  • 測定する検体の種類はなんですか?
    血清、血漿、尿を使用します。
  • 採血管は使用できますか?
    各種サイズの採血管が使用可能です。また、一つのサンプルラックに採血管、サンプルカップ、微量検体対応カップの混在も可能です。
  • 測定時間を教えてください。
    基本的には、サンプリング後に、電解質は2分、凝固時間は8分、生化学・ラテックス項目は10分(延長モードは21分)、化学発光項目は19分です。項目により多少時間が異なりますので、詳しくは弊社インフォメーショングループ(03-5994-2516または「ホームページ上のお問い合わせ」)にお問い合わせ下さい。
  • 再測定について教えてください。
    項目により、原液再検、自動希釈再検、延長再検モードがあります。
  • 化学発光酵素免疫法は専用試薬が必要ですか、汎用試薬の使用が可能ですか?
    すべて専用試薬をご使用いただきます。
  • ラテックス凝集法は専用試薬が必要ですか、汎用試薬の使用が可能ですか?
    すべて専用試薬をご使用いただきます。
  • 生化学は専用試薬ですか?汎用試薬ですか?
    弊社により搭載可能と判断された試薬をご使用頂きます。
  • 凝固時間法の試薬はどのようなものを使用しますか?
    主要5項目(PT、APTT、Fib、トロンボテスト、ヘパプラスチンテスト)が使用できます。
  • 処理能力はどの程度ありますか?
    各測定系が独立しています。ほとんどの項目の組み合わせで、最大270テスト/時間の処理能力を有しています。
  • 24時間使用できると聞きましたが、どのような仕組みなのですか?
    試薬はSTACIA本体内で冷蔵保存されており、自動開閉キャップおよび試薬ボトル自動攪拌の機能により、搭載されている項目はいつでも測定可能です。
  • 装置の見学ができますか?
    弊社ショールームに展示しています。インフォメーショングループ(03-5994-2516または「お問い合わせ」)、または担当営業にお問い合わせ下さい。ショールームの詳細はこちら
ページトップへ