アデノウイルス迅速検出キット アデノテストAD

FAQ

  • アデノテストADの特長は?
    患者様IDや測定開始時刻等の書き込みスペースが広く、バーコードを貼ることも可能で、検体の取り違い等を防げます。 カバーケースが透明なので判定部が広く、ラインが見やすくなっています。反応の進行状況も容易に確認できます。 デザイン性に優れ、患者様への説明もし易くなっています。
  • 何を測定するものですか?
    咽頭粘膜上及び角結膜上のアデノウイルス抗原を検出することができます。
  • 測定原理を教えてください?
    金コロイド法を利用したイムノクロマト法です。
  • アデノウイルスすべての血清型を検出できますか?
    呼吸器感染および、眼感染症の血清型、1、2、3、4、5、6、7、8、14、19、21,37型について検出されることが確認されています。
  • キットを買えばすぐ使えますか?
    綿棒はキットに入っていますか?
    咽頭拭い液を測定サンプルとする場合に必要な試薬と器具が全てキット内に入っています。
  • 検体は何を使えばいいですか?
    咽頭拭い液を用います。呼吸器アデノウイルスは主に扁桃腺やリンパ節の中で増殖します。
  • 価格(定価と実際の納入価格)を教えてください。
    希望価格(定価)は10回用 17,000円です。
    納入価格は、申し訳ありませんがお取引の医薬品卸さんにお尋ねください。
  • サンプル品を使用させていただくことはできますか?
    可能な場合もあります。当社の営業所へご照会ください。
    在庫状況等を確認した上で、ご回答させていただきます。
  • 製品の有効期間はいつまでありますか?
    製造後17ヶ月です。ただし、在庫期間により納入時の有効期限はこれよりも短くなります。
  • 保管にあたり留意することはありますか?
    室温(1~30℃)で保管し、凍結は避けて下さい。また、凍結させてしまったキットは使用しないで下さい。
  • 冷蔵保存はできますか?
    冷蔵保存は可能ですが、検体抽出液入りチューブおよび、テストカード(アルミパックのまま)は、室内温度(15~37℃)に戻ってからご使用ください。
    冷蔵保存の場合、特に検体抽出液が凍結しないよう注意して下さい。
  • テストカードを開封したものは保存して再使用できますか?
    テストカードは使用直前に開封し、開封した状態では長時間放置または、保存しないで下さい。(ストリップの吸湿により、反応が正常に進まなくなる恐れがあります。)
  • 検体抽出後の検体安定性は?
    25℃で24時間まで放置しましたが、反応性は安定しており、性能上の問題は認められませんでした。
ページトップへ