オーストラリア新規化学物質登録

オーストラリア工業化学品(届出・審査)法における新規化学物質の申請に関連した各種サービスを提供しております。オーストラリアでは、1989年オーストラリア工業化学品法により、オーストラリア国内の新規化学物質の製造者・輸入者は申請/届出が必要があります。

業務内容

事前コンサルティング

新規化学物質の製造/輸入量や輸入目的等、ビジネスプランに応じた申請プランを提案致します。

申請業務

申請書類の作成から登記完了までのトータルサポート
必要情報の精査、各種試験手配、申告資料の作成、GHS-SDS・リスク評価書等の技術文書作成、行政当局からの補正要求に対する回答等、全面的な技術サポートを実施致します。

申請用試験の再委託業務

申請に必要な全ての試験データをご提供致します。
試験のスケジュールやデータの信頼性を弊社にてモニター管理致します。

主な申告の種類

申告の種類と区分該当する届出物質
審査証明書の申請標準届出(STD)ポリマー以外・バイオポリマー・
Mn<1,000の合成ポリマー、>1トン/年
場所限定の中間体、>10トン/年
化粧品中UVフィルター成分
限定届出(LTD)ポリマー以外・バイオポリマー・
Mn<1,000の合成ポリマー、≦1トン/年
Mn>1,000の合成ポリマー
低懸念ポリマー(PLC)規則中のクライテリアに合致するもの
自己審査による申請*非有害性化学物質
非有害性ポリマー
低懸念ポリマー
許可証の申請**商業的評価許可証(CEC)商業的評価目的、最大4000kg、
2年間有効(1回のみ更新可能)
少量化学品許可証(LVC)≦100kg/暦年
(非有害性物質: ≦1000kg/暦年)
36か月有効(更新可能)
管理下使用許可証(CUP)高度管理下での使用または全量輸出品、36か月有効(更新可能)
審査前の導入許可(EIP)STD、LTD、PLC申請中の物質

*自己審査を適用の場合、NICNASの監査、年次報告や記録保存が課せられます。
**許可証の取得後、年次報告や記録保存が課せられます。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用