ステークホルダーとともに

お取引先とともに

  • Sustainability
  • Health
  • Comfort

私たちは三菱ケミカルホールディングスグループの一員として「KAITEKI社会の実現」のため、当社グループの経営方針、品質方針ならびに環境・安全方針に則り、購買活動を行っています。 

基本方針

  1. 最適な原材料、および資材の調達

    私たちは、健康で安心な社会の創造に向けて、お客様の安心につながるサービス・製品の提供のため最適な原材料、および資材の調達に努めてまいります。

  2. オープンマインドとパートナーシップ

    私たちは、国内外のすべての企業に対し、開かれた購買姿勢で対応し、供給者の評価に当たってはコストの競争力・技術・開発力・企業姿勢(法令、社会規範遵守への取組、環境への配慮、人権の尊重)を透明性を持って総合的に考慮します。

    また、すべての供給者は事業遂行のパートナーであるとの基本認識に立ち、相互の信頼関係に根ざした購買活動に努めます。

行動規範

  1. コンプライアンス

    私たちは、企業も社会の一員として公明正大な行動が求められているという基本認識の下、コンプライアンス(法令および企業倫理の遵守)を購買活動の基本に据え、職務の遂行に当たります。反社会的な勢力とは一切関係を持たず、社会規範にも留意します。

  2. 公正、公平

    私たちは、職務の遂行において公正で公平な判断を徹底し、誠実な対応を心がけます。私たちの購買活動に関して説明責任があることを自覚し、正確・適切な情報開示を行います。

  3. 節度

    私たちは、供給者との関係において「公私のけじめ」を厳格にし、不適切な交際は慎み、社会通念に照らして誤解を招くことがないよう、節度のある行動を心がけます。

お取引先の皆様へ

私たちは基本方針と行動規範に基づき購買活動を行ってまいりますが、お取引先の皆様におかれましても、適切な企業活動をお願いいたします。

お取引先様と共有をお願いしたい事項

  1. 自覚・責任

    企業活動の基盤は社会からの信頼にあるとの基本認識のもと、企業の社会的責任を自覚し、それぞれの事業を通じた人・社会・地球環境のよりよい関係を構築すること。

  2. 説明責任・透明性

    企業活動における説明責任の重要性を認識し、企業活動の透明性を保つとともに、社内外に対して適切な情報開示に努めること。

  3. 法令等の遵守と公正・公平・誠実

    法令や国際規範をいついかなるときも遵守し、ステークホルダーに対して、また、従業員相互間においても、常に公正で公平かつ誠実に対応すること。

  4. ステークホルダーの尊重

    顧客、取引先、株主、協力会社、行政機関、地域社会、従業員などのステークホルダーから信頼される存在であるために、ステークホルダーを尊重し、密接なコミュニケーションを実施すること。

  5. 人権の尊重

    すべての人の尊厳と権利を尊重し、人種、性別、宗教など、事由の如何を問わず、不当な差別を行わないこと。

  6. 雇用・労働

    一切の強制労働や児童労働を行わないこと。経営に携わる者は、人々の多様性を尊重し、従業員が安全で心身ともに健康にその能力を最大限に発揮できる環境を整備し、人材を活かす経営を実施すること。
    組合結成の自由と団体交渉権を含む従業員の権利を尊重し、密接な対話を通じて、従業員との良好な関係を構築すること。

  7. 環境・安全

    環境負荷の低い製品・サービスを提供するとともに、自らの事業においても、環境負荷の低減及び生態系を含む環境を保護すること。
    安全は企業存立の基盤をなすものであり、安全の確保は企業の社会的責任であるとの認識に基づいた企業活動を継続すること。

  8. 公正な事業慣行

    公正・誠実な態度で企業活動を行い、節度を保ち、賄賂を含むあらゆる形態の腐敗に関与せず、市場での公正な競争を通じ、社会、経済の健全な発展に貢献すること。
    反社会的勢力・団体に毅然とした態度で対応し一切の関係を持たないこと。

  9. 顧客満足

    顧客との約束である契約を遵守し、提供する製品・サービスの安全性・品質の確保に全力を尽くすとともに、顧客との対話や研究開発の推進を通じて常に顧客の満足を追求すること。

  10. 情報管理

    企業活動において、法令等に基づき必要とされる記録、報告などを適正に行い、記録を保管するとともに、顧客、取引先、自社などの秘密情報が漏洩することのないよう適切な情報管理を実施すること。

  11. 科学・技術

    他者及び自らの知的財産権の重要性を認識しこれを尊重すること。

  12. コミュニティ貢献

    事業そのものを通じて広く社会へ貢献するとともに、各国・地域の文化や習慣に対する理解を深め、良き企業市民として地域社会からの要請・期待に応える活動を実施すること。

下請法の遵守を徹底

2012年1月に定めた「下請法遵守ルール」に則り、取引を行っています。この「下請法遵守ルール」は、下請法を遵守するための体制を明確化するとともに、下請法の趣旨や適用対象、発注・支払業務における遵守事項を具体的に定めています。

2013年度は「下請法遵守ルール」の徹底を図るため、全国の拠点で下請法講習会を開催し、各部署の責任者、購買担当者延べ400名が参加し理解を深めました。2014年度は、2013年10月に制定された「消費税転嫁対策特別措置法」と併せて下請法講習会の開催や監査体制の強化を行い、遵守を徹底していきます。

購買担当者の

「お取引先との信頼関係構築」

私たちは、「LSIメディエンスグループ品質方針」に基づき行動します。それは、お客様の安心につながるサービス・製品の提供を心がけるとともに、ご信頼いただけるよう品質の一層の向上に努力することです。 そのため、購買・物流部では関連部署と連携を取ってお取引先を定期訪問し、求められる品質が保たれているか確認するとともに、不具合があれば改善を求めることになります。そのような取り組みを充実させることが、原料、資材、サービスの品質を高めるとともに、お取引先との信頼関係を構築し、ひいてはKAITEKIの実現に繋がると考えています。

榎本 純購買・物流部
企画管理グループ
榎本 純

pagetop