サービス

創薬支援

新薬開発における全フェーズの試験、検査および分析業務をサポートし、健康でKAITEKIな社会に貢献しています。試験研究センターでは、動物や細胞などを用いた医薬品、農薬および一般化学品などの非臨床試験を中心に多様なニーズに応えています。治験検査ラボおよび医薬品分析部では、先進の検査・分析技術で創薬の最終章、治験をきめ細やかにバックアップし、多くのお客様より絶大なる信頼をいただいています。

世界的な標準規格のもと、検査および分析業務を一括支援

AAALAC完全認証を取得 高品質なサービスを提供するため、厳しい管理基準に基づく認証システムと徹底した監査体制のもと、業務を遂行しています。試験研究センターでは、AAALAC完全認証を取得したGLP適合施設で医薬品などの非臨床試験を実施しており、先進的な技術と知見、そして長年の経験で培った総合力により高水準のデータを提供しています。 治験検査ラボおよび医薬品分析部では、GCP体制による臨床試験から、GLP体制による臨床薬理試験まで、新薬開発に求められる検査・分析業務の一括受託が可能です。治験検査ラボでは、HbA1c測定値の国際的な標準となるNGSPのLevel I Laboratoryの認証と、医薬品開発関連業務の分野でISO9001の認証を取得しています。

新薬開発における全フェーズをトータルサポート

新薬開発における全フェーズ

試験研究センター
安全性試験

げっ歯類から霊長類までを対象とした一般毒性、特殊毒性、生殖発生毒性試験などを実施しています。遺伝毒性分野では一般的な試験法に加え、コメットアッセイや一般毒性試験への小核試験の組み込みといった新技術にいち早く取り組んでいます。

薬理試験

各種病態モデル動物を用いた薬効薬理試験の実績を積んでいます。
安全性薬理試験では、コアバッテリーとしてガイドラインに定められた試験のほか、ミニブタやヒトiPS細胞を用いた催不整脈リスク評価を行うことができます。

薬物動態試験

げっ歯類から霊長類までを対象としたADME試験をはじめ、代謝物構造解析試験、invitro試験(タンパク結合、血球移行、酵素阻害・誘導試験など)に加え、皮膚透過性試験およびトランスポーター試験を実施しています。

新薬開発における全フェーズ

試験研究センター、医薬品分析部
バイオアナリシスサービス

業界トップクラスの技術力と分析キャパシティーを持つGLP適合施設にLC/MS/MSをはじめとする最新の分析機器・設備を導入し、お客様が求める感度、スピード、信頼性を兼ね備えた薬物濃度測定試験の受託サービスを提供しています。

新薬開発における全フェーズ

治験検査ラボ
セントラルラボサービス

治験検査ラボは、GCP体制で運営され、検査データの半永久的保存、バリデートされた検査法の維持・継続、そしてシステムバリデーションやオーディットトレイルなど、治験に求められる高い信頼性が確保された検査サービスを実現しています。

国際共同治験受託体制

アジアパシフィック、欧米の提携ラボと、機器・試薬の統一、品質レベルの維持・向上を推進しています。これによりデータ処理の利便性向上、搬送リスク・コストの減少を実現します。

医療情報誌「アニムス」

Highlight

ゲッチンゲンミニブタを用いた安全性試験の受託開始

欧州では動物愛護の観点からイヌやサルを使った試験は易々とできなくなっています。この国際的な流れを汲み、試験研究センター鹿島研究所では2013年4月にミニブタを使った試験環境を整え、お客様のニーズに応えています。

全自動ELISAシステムによる測定開始

Gyros社のGyrolabxPを使用した、抗体医薬を含むバイオ医薬品の薬物濃度測定、ADA(Anti-DrugAntibody)やバイオマーカー測定などの受託サービスを2013年12月に開始しました。従来のELISA法と比べ、より微量での測定が可能となり、サンプルマトリックス中の夾雑物の影響を最小限に抑えることができます。

pagetop