サービス

診断薬・機器

体外診断用医薬品・研究用試薬・体外診断用機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛け、基礎バイオから機器システムまで幅広い製品群で医療社会に貢献しています。さらに今後の医療における診断検査の役割の多様化を見据え、高度な技術と豊富な経験をもとに、新たな臨床検査薬・機器システムの提供を通じて、さまざまな医療現場の要望に応えていきます。

業界のリーディングカンパニーとして総合的にサービスを提供

当社は1962年、日本で初めて臨床検査薬を開発し、日本の医療発展の原動力となりました。以来50年にわたり、世界に冠たる実績を持つラテックス試薬など高度な検査性能を持つ試薬の開発を基盤に、高い正確性や精度、信頼性のあるデータを提供し、医療業界のニーズに応えています。臨床検査薬は、汎用試薬から専用試薬まで幅広くカバーし、研究用試薬においても基礎、臨床研究に欠かせない製品を提供しています。

サービスの特徴

  • 研究開発
  • 大規模病院から診療所までをカバー
  • サポート体制
研究開発

日本で初めて臨床検査薬を開発・製造して以来、当社は信頼できる製品を生み出すため研究開発に力を入れてきました。抗体の調製や精製をはじめとする基盤技術開発から、新しい診断マーカーの臨床開発や診断機器の開発に至るまで、豊富な経験と技術を持っています。

大規模病院から診療所までをカバー

汎用検査試薬およびラテックス技術を用いた専用検査試薬と専用検査機器LPIAの自社開発以降、当社が開発した臨床検査薬と臨床検査機器は大規模病院から診療所などの小規模医療機関に至るまで、迅速性と簡便性で大きな力を発揮しています。

サポート体制

当社の製品をより適切にご使用いただくため、学術・技術サポート体制、メンテナンス体制を整えています。お客様からの問い合わせや要望への的確かつ迅速な対応を通して、医療への貢献をめざしています。

医療情報誌「アニムス」

Highlight

PATHFAST

PATHFASTは、化学発光法により高感度測定を実現し、全血測定・オールインワン試薬カートリッジの採用により、簡単で迅速な検査を可能とした体外診断用機器です。コンパクトな形状も好評で、日本国内だけでなく、世界40の国と地域で使用され、高い評価を受けています。

PATHFAST

プレセプシン

敗血症に特異的なマーカーであるプレセプシンの測定キットを開発しました。敗血症は救急・集中治療領域における死因の大部分を占め、早期診断と適切な処置が予後を大きく左右します。プレセプシンを測定することで、迅速かつ特異的な敗血症の診断が可能となり、販売開始以来、敗血症の診断に有用であるとの報告を得ています。
(2014年1月1日保険収載)

プレセプシン

プロラスト Myco(マイコプラズマ抗原キット)

マイコプラズマ肺炎は小児に多く見られ、解熱後も乾性咳嗽が長く続く病気で、イムノクロマト試薬の開発により早期診断・早期治療が可能となりました。2014年度発売予定のプロラスト Mycoは、既存のイムノクロマト試薬よりも感度・特異性ともに高く、より正確なマイコプラズマ肺炎の診断を可能とします。

プロラスト Myco(マイコプラズマ抗原キット)

STACIA

STACIAは、7種類の測定方法を1台に搭載したインテグレート検査機器です。時間当たり最大270テストの処理能力を持ち、24時間測定可能なため、医療現場においてさまざまな用途に応用できます。また、コンタミネーション、キャリーオーバーを回避する技術を採用するなど、信頼性の高い検査結果を得る仕組みを追求しています。

STACIA

pagetop