汎用自動分析装置用試薬 サンクHbA1c

診断薬・機器トップへ戻る

サンクHbA1c c

  • パンフレットダウンロードはこちらから
  • お問い合わせはこちらから
  • Top
  • 取り扱い項目一覧
  • 日立ハイテクノロジーLABOSPECT専用試薬

  • Dダイマー
  • CK-MB
  • エラスターゼ1
  • ALB
  • Cys-c
  • CRP
  • フェリチン
  • アディポネクチン
  • Ca
  • HbA1c

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬 サンクHbA1c

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬 HbA1cとは

HbA1cは成人ヘモグロビンの主成分であるHbAの微量成分HbA1の中に含まれます。HbA1はさらに亜分画、HbA1a1b1c等に分画されます。

HbA1やHbA1cは比較的安定で、血糖変化に平行して、その割合が増減します。ヘモグロビンはいったん糖化されると赤血球寿命(約120日)が尽きるまでその状態を保つため、HbA1cは過去1〜3ヶ月程度の平均血糖値を反映することになり、長期間の血糖コントロール指標として用いられます。

採血時点の瞬時のマーカーである血糖値、中期マーカーのフルクトサミンやグリコアルブミンと比較して、糖尿病性腎症や網膜症、神経症などの慢性合併症の予防には、長期間の血糖コントロール管理が必要であるため、HbA1cはすぐれた指標であるといえます。

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬の特長

分析装置に優しい酵素試薬
セルの汚染・クロスコンタミの不安を軽減しました。
優れた試薬特異性
血漿成分の影響を受けません。
酵素の特異性により、総ヘモグロビンに含まれるA1c量を確実に定量します。
全血測定が可能
転倒混和直後に測定することにより、全血測定が可能です。
多数の検体処理に最適
自動分析装置の検体処理能力により、ピーク時の検体を迅速に処理します。

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬の操作方法

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬の操作方法図

  • ※1 EDTA、ヘパリン、フッ化物を使用
  • ※2 適用機種は営業所へお問い合わせください。

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬の試薬データ

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬の試薬データ(HPLC 法との相関/免疫法との相関)

同時再現性
  試料1 試料2 試料3
n 20 20 20
Mean 4.61 6.88 10.17
S.D. 0.01 0.02 0.03
C.V. 0.26% 0.27% 0.29%
日差再現性
  試料1 試料2 試料3
n 10 10 10
Mean 4.68 6.85 8.15
S.D. 0.04 0.04 0.04
C.V. 0.84% 0.61% 0.46%

汎用自動分析装置用 グリコヘモグロビンA1c測定試薬の製品案内

  製品名 製品番号 包装単位
サンクHbA1c(DF70)R1 101487 60mL×4本
サンクHbA1c(DF70)R2 101488 30mL×4本
サンクHbA1c(SF)R1 71742 20mL×3本
サンクHbA1c(SF)R2 71743 5mL×3本
サンクHbA1c(HLS) 100763 R1 36mL×1本
R2 14mL×1本
サンクHbA1c キャリブレータ 71725 LOW 0.8mL×3本
High 0.8mL×3本
サンクHbA1c コントロール 71741 レベル1 0.5mL×3本
レベル2 0.5mL×3本


臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用