乱用薬物検査

乱用薬物検査

  • お問い合わせ
貴社の安全対策を強力にバックアップします。当社は確認試験まで自社で行う国内唯一の民間乱用薬物検査受託機関です。

覚せい剤検査、麻薬・大麻・マリファナ検査など乱用薬物検査を通じて、「健全と安心の証明」を支援します

イメージ画像

昨今、覚せい剤や大麻といった規制薬物の犯罪に関わる報道が増えています。背景には、わが国での規制薬物使用が成人層から若年層にまで拡がり、「薬物のファッション化」という言葉に象徴されるように罪悪感の低下があるといわれます。

これは社会の安全を脅かす深刻な問題となっている一方、航空・運輸(バス、タクシー、鉄道、トラックなど)・船舶をはじめとした社会的インフラを担う事業者に対しては、大きな事故につながる可能性があることから、特に厳格な安全対策が求められています。

こうした社会的インフラを担う運行者の健康を守りつつ、事業者の安全対策という社会的責任にこたえるために、LSIメディエンスは乱用薬物検査を受託しています。

国際的に通用する乱用薬物検査結果を提供します

イメージ画像

LSIメディエンスの乱用薬物検査は、国際審査認定機関であるNATA(National Association of Testing Authorities, Australia)より「ISO/IEC 17025」の認定を取得して実施しています。

乱用薬物検査は1999年8月からアンチドーピングセンターとともに薬毒物・ドーピング検査機関として認定を取得しておりましたが、2010年9月にアンチドーピングセンターとは分離独立し、中央総合ラボラトリー職域薬物検査部門(Workplace Drug Testing Department/Central Laboratory)として新しく認定を取得しました。

すべての国際基準を満たす証しである本認定取得は、当社の検査体制とその技術がグローバル・スタンダードであることを証明しています。

本認定はわが国では当社のみが取得しております。

国内唯一の民間乱用薬物検査の受託機関です

イメージ画像

LSIメディエンスの乱用薬物検査は、スクリーニング検査から確認試験まで一貫して行っております。

一般的に行われているスクリーニング検査(簡易キットを含む)では、使用が疑われる薬物の最終確定はできません。そのため、スクリーニング検査で陽性結果が出た場合は、成分同定のために質量分析計による確認試験が必要となります。

当社は、自社で確認試験までを行うことが出来る国内唯一の民間検査受託機関です。

全国に広がるネットワークと豊富なノウハウで貴社の乱用薬物リスクをトータルサポート

イメージ画像

当社は全国60カ所に営業拠点を有し、各地域からのご質問、ご要望に素早くお応えします。

また、20有余年に亘って培われた薬毒物検査の国内最高水準技術とノウハウを駆使し、貴社の薬物リスク回避を強力にバックアップします。



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用