ドーピング検査

アンチドーピングラボラトリーについて



●LSIメディエンス アンチドーピングラボラトリー 概要
認 定 :  世界アンチ・ドーピング機構(WADA)公認ドーピング分析機関/ WADA 東京ラボラトリー
国際規格ISO/IEC 17025認定ラボラトリー(審査認定機関 National Association of Testing Authorities, Australia:NATA)
業 務 :  ドーピング検査における検体分析
新規分析法等の研究開発
国内外のアンチ・ドーピング機関との協力によるアンチ・ドーピング活動の推進
APMU(Athlete Passport Management Unit)※としてのABP(血液・ステロイド)データの解析及び契約アンチドーピング機関への提言提示
※「APMUとしての活動」参照
所在地 :  〒174-8555 東京都板橋区志村三丁目30番1号

●主な分析実績

大会名
1985年  第13回ユニバーシアード競技大会(神戸)
1990年  第2回アジア冬季競技大会(札幌)
1991年  第15回ユニバーシアード競技大会(札幌)
1994年  第12回アジア競技大会(広島)
1995年  第18回ユニバーシアード競技大会(福岡)
1998年  第18回オリンピック冬季競技大会(長野)
2001年  第6回ワールドゲームズ(秋田)
 第3回東アジア競技大会(大阪)
2003年  第5回アジア冬季競技大会(青森)
2008年  第29回オリンピック競技大会(北京、一部の競技会外検査)
2009年  第1回アジアユースゲームズ(シンガポール)
 第8回ワールドゲームズ(台湾・高雄)
 第21回夏季デフリンピック(台湾・台北)
 第2回アジアユースパラ競技大会(東京)
2012年  第30回オリンピック競技大会(ロンドン、一部の競技会外検査)

その他、国内開催の国際競技会(2007年第11回IAAF世界陸上競技選手権大阪大会等)や国民体育大会、各競技における主要競技会(日本選手権、国内トップレベルのリーグ戦等)での分析実績があります。


●国際貢献活動の実績
2010年 第19回コモンウェルスゲームズ(インド・デリー)への大会側要請による分析エキスパート職員派遣
2016年 第31回オリンピック競技大会、第15回パラリンピック競技大会(ブラジル・リオデジャネイロ)へのドーピング検査における検体分析支援のための職員派遣


●主な発表論文(国際ジャーナル誌、2010年以降)

Okano M, Nishitani Y, Dohi M, Kageyama S (2016)
Effects of intravenous infusion of glycerol on blood parameters and urinary glycerol concentrattions. Forensic Sci Int 262:121-127.
Okano M, Thevis M, Sato M, Kageyama S (2016)
Analytical detection of trimetazidine produced by metabolic conversion of lomerizine in doping control analysis. Drug Test Anal 8:869-879.
Kojima A, Nishitani Y, Sato M, Kageyama S, Dohi M, Okano M (2016)
Comparison of urine analysis and dried blood spot analysis for detection of ephedrine and methylephedrine in doping control. Drug Test Anal 8:189-198.
Okano M, Sato M, Kojima A, Kageyama S (2015)
Determination of mepitiostane metabolites in human urine by liquid chromatography/tandem mass spectrometry for sports drug testing. J Pharm Biomed Anal 115:236-244.
Okano M, Nishitani Y, Kageyama S (2014)
Possibility of analytical finding of glycerol caused by self–catheterization in doping control. Drug Test Anal 6: 1151–1154.
Okano M, Sato M, Kageyama S (2014)
Identification of the long–acting erythropoiesis–stimulating agent darbepoetin alfa in human urine by liquid chromatography–tandem mass spectrometry. Anal Bioanal Chem 406: 1317–1329.
Okano M, Ueda T, Nishitani Y, Kano H, Ikekita A, Kageyama S (2013)
UDP–Glucuronosyl Transferase 2B17 genotyping in Japanese athletes and evaluation of the current sports drug testing for detecting testosterone misuse. Drug Test Anal 5: 166–181.
Okano M, Nishitani Y. Sato M. Kageyama S (2012)
Effectiveness of GH isoform differential immunoassay for detecting rhGH doping on application of various growth factors. Drug Test Anal 4: 691–700.
Pinyot A, Nikolovski Z, Bosch J, Such–Sanmartin G, Kageyama S, Segura J, Gutierrez–Gallego R (2012)
Growth hormone secretagogues: out of competition. Anal Bioanal Chem 402: 1101–1108.
Okano M, Sato M, Kaneko E, Kageyama S (2011)
Doping control of biosimilar epoetin kappa and other recombinant erythropoietins after intravenous application. Drug Test Anal 3: 798–805.
Okano M, Nishitani Y, Sato M, Ikekita A, Kageyama S (2010)
 Influence of intravenous administration of growth hormone releasing peptide–2 (GHRP–2) on detection of growth hormone doping: growth hormone isoform profiles in Japanese male subjects. Drug Test Anal 2 : 548–556.
Okano M, Sato M, Ikekita A, Kageyama S (2010)
Determination of growth hormone secretagogue pralmorelin (GHRP–2) and its metabolite in human urine by liquidchromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry. Rapid Commun Mass Spectrom 24:2046–2056.

 



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用