アニムス

医療情報季刊誌 アニムス

「医療情報誌animus」No.83の掲載内容をご案内します。

No.83(2015 Spring)特集:最近話題の感染症

各記事の資料請求は、お問い合わせページのアニムスの欄に[番号]を入力してください。


資料請求
番号
コーナー名 タイトル/著者
[1]
本文
特集1 対談:日本を取り巻く感染症 ─ 現在・未来 ─
岡部 信彦(神奈川県川崎市健康福祉局担当理事 神奈川県川崎市健康安全研究所 所長)
谷口 清州(独立行政法人国立病院機構 三重病院 臨床研究部 国際保健医療研究室長)
[2]
本文
特集2 マダニが媒介する感染症を考える
馬原 文彦(馬原医院 院長)
[3]
本文
特集3 デング熱など蚊が媒介するウイルス感染症
森田 公一(長崎大学熱帯医学研究所 ウイルス学分野 教授)
[4]
本文
特集4 最恐ウイルスにどう立ち向かうか
─ エボラとマールブルグウイルス─
高田 礼人(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 教授)
[5]
本文
特集5 地球温暖化により危惧される感染症
橋爪 真弘(長崎大学熱帯医学研究所 小児感染症学分野 教授)
[6]
本文
特集6 小児に重要な新興感染症
“ヒトパレコウイルス3 型感染症”
─ Human Parechovirus Type 3 Infection ─
齋藤 昭彦(新潟大学大学院医歯学総合研究科 小児科学分野 教授)
[7]
本文
「最近話題の感染症」語句解説
[8]
本文
最新トピックス/コンパニオン診断
[9]
本文
ホッと・World News(2014年11月〜2015年2月)
[10]
本文
Series
自己免疫疾患
第4回
関節リウマチ ─ 最新の検査と治療─
亀田 秀人(東邦大学医学部 内科学講座 膠原病学分野 教授)
[11]
本文
Series
中枢神経疾患
第2回
パーキンソン病の薬物治療における現状と展望
馬場 康彦(東海大学医学部内科学系神経内科 准教授)
 共著吉井 文均(東海大学医学部内科学系神経内科 教授)
[12]
本文
話題の焦点 危険ドラッグの有害作用について
舩田 正彦(独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 依存性薬物研究室 室長)
[13]
本文
THE SEMINAR 静かな時限爆弾“中皮腫”過去・現在・未来
前田 昭太郎(株式会社LSI メディエンス 病理・細胞診センター所長 日本医科大学多摩永山病院)
 共著水口 國雄(東京セントラルパソロジーラボラトリー 所長)
[14]
本文
検査と私 検査,それは“がんとの闘い”における忠実なる参謀
岡田 直美(放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院 治療課医長)
[15]
本文
徒然なるままに。/マッサージの話





臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用