動物検査 News&Topics

 

動物検査

  • ラット・マウスの検査お問い合わせ
  • ペット動物の検査お問い合わせ
  • m-Line

 


犬のアレルギーと犬アトピー性皮膚炎(cAD)とIgE検査

犬のアレルギーと犬アトピー性皮膚炎(cAD)とIgE検査

ノミアレルギー性皮膚炎(FAD)とは?

FADとは、ノミ唾液成分に対する全身的なアレルギー応答に起因する慢性皮膚炎です。
いわゆるノミの刺傷による限局的な皮膚病(ノミ刺症)とは臨床的に区分されます。ノミによるアレルギーの成立には通常複数年を要し、ノミ寄生数も通常多くありません。

食物アレルギーとは?

食物アレルギーと診断される症例の中には、アレルゲンとして食物だけが関与する場合(狭義の食物アレルギー)と、遺伝的素因を基盤として食物以外の様々なアレルゲンが関与する場合とがあります。
したがって食物アレルギーは、食事管理によりすべての症状が改善され、さらに特定の食物により同じ症状が再現される症例に限って診断されることが望ましいと言われています。

アトピー性皮膚炎(AD)とは?

遺伝的素因が関与した瘙痒を主徴とする慢性疾患と理解されており、IgEの産生異常が指摘されています。これは特定のアレルゲンに反応するアレルギーとは異なり、複数の抗原にIgEが産生されやすい敏感な皮膚における炎症とも言い換えられます。
したがって特定のアレルゲンを突き止めて治療するアレルギーとは対応が異なると考えられます。

IgE検査によるアレルギー評価の限界

診断に多く利用される血清IgE検査は、使用するキットや抗原の種類によって感度特異性が異なるため、検査の結果だけで今後の治療方針を決定することはできません。
食物抗原に陽性だからと言って過剰な除去を行うとかえって体力の低下を招くかもしれません。

犬アトピー性皮膚炎(cAD)の診断

この度弊社で実施するアラセプトの特異的IgE検査は、今後の研究が待たれる食物系、花粉系のアレルゲンを省き、IgE検査の測定意義がはっきりしているコナヒョウヒダニ、ノミを含む室内吸入系にしぼったIgE検査にしております。
コナヒョウヒダニは、犬アトピー性皮膚炎(cAD)にて高率に陽性を示します。

  cADの臨床診断と特異的IgE検査(アラセプト)
陰性 弱陽性 陽性 強陽性
cAD合致例 1 0 13 36
cAD除外例 106 16 13※ 16※
感度:98%(49/50) ※精神的要因(20/29), 疥癬(1)
特異度:80.8%(122/151) 獣医臨床皮膚科. 16; 15-18, 2010.

これはコナヒョウヒダニに対するIgE値の上昇が、犬アトピー性皮膚炎(cAD)の素因を反映していることが予想されます。
表が示すとおり、アラセプト特異的IgE検査のコナヒョウヒダニの結果は、犬アトピー性皮膚炎(cAD)の診断の一つの指標として有用と考えることができます。
アレルギー性皮膚疾患とアトピー性皮膚炎(AD)と鑑別することは、アレルゲン回避では解決しない長期的な体質管理を判定する一つの重要なポイントとなります。

<参考文献:普及版 犬と猫の皮膚科臨床 永田雅彦著>

 
 



臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用